ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

戸高VS名護。雑草VSエリート国技館決戦。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20180408085139j:plain

 

今から20年前、私の地元両国で

戸高と名護が世界戦をやるということ知って

父親と二人で生で観戦しに行った、思い出深い試合。

 

f:id:gokanno:20180408085323j:plain

 

当時、ボクシング関係者の間でも

名護の評価は高く、名護有利の予想が

圧倒的に多かったと記憶しています。

20歳の私も名護のKO勝ちを

楽しみに会場に向かっていました。

今にして思うと、

名護はかなりの過大評価をされていた選手、

という印象になってしまいますが、

当時日本チャンピオンだった松倉義明を

後楽園ホールのマットに痛烈に沈めた試合の

戦慄というか、インパクトが強すぎて、

名護強し:(;゙゚'ω゚'):

の評価が固まっていたのだと思います。

 

f:id:gokanno:20180408090024p:plain

 

そこと比較して戸高はまだ世界チャンピオンになりたて。

戴冠した試合もチャンピオンがヘススロハス

 

f:id:gokanno:20180408090313j:plain

 

ヘススロハスはもちろん一流の選手でしたが、

ピークを過ぎたチャンピオン、というか

飯田覚士からタイトルを奪ったわけですが、

あの試合飯田の肩のアクシデントがなければ、、、

多分勝ててないし(笑)

昔、レパード玉熊と引き分けた人でしょ?

なんか金色のトランクス履いてたよね!!!

 

f:id:gokanno:20180408090334j:plain

 

やっぱり履いてるぅ(*゚∀゚*)

と、お世辞にも強いチャンピオンではない。

という相手から獲ったタイトルで、

パッと見た感じスピードやセンス等

光るものも感じない、

やや地味目の戸高が不利の予想だったことは

ほぼ必然であったわけです。

顔も善玉悪玉くっきり分かれちゃってます。

 

f:id:gokanno:20180408091854j:plain

 

名護がムダにイケメンなところも

戸高の闘志に火をつけたんでしょうか。

試合の方は、

3-0の判定で戸高の勝利。

私の採点はこちら。

 

f:id:gokanno:20180408090908j:plain

 

今回も字が汚い&ノートが安い。

と、残念なオフィシャルスコアです。

名護選手は、一発の破壊力がありすぎた為か、

大きく振って、KO狙いの

悪く言うと雑なボクシングになってしまい、

攻撃する時は攻撃。

守るときは守る。

と、完全セパレートのボクシング。

松屋のお持ち帰り牛めしスタイルだったこと。

 

f:id:gokanno:20180408090944j:plain

 

この松屋スタイルが結局最後まで

名護のボクサー人生の

ネックになってしまいましたね。

具志堅会長も、

まさか比嘉大吾が現れるまで

20年も待たないといけないとは

考えもしてなかったと思います。

 

f:id:gokanno:20180408091040j:plain

f:id:gokanno:20180408091053j:plain

 

戸高はその後短命で

チャンピオンの座を追われてしまいます(´;ω;`)

戸高の場合、もう少し練習を軽くしていたら

なんて素人考えで思ってしまうくらい

オーバーワーク気味が試合にも表れてました。

タイトルを失ったレオガメス戦は

眼筋麻痺でモノが二重に見えていたようです。

練習しすぎで身体壊すって

どんだけハードなんだ(笑)

やっぱりマックは鬼コーチ(*゚∀゚*)

個人的に懐かしい試合で、

強烈なダウンシーンとか

派手な打ち合いはないものの

戸高の闘志と戦略が

名護のセンスと一発を封じた一戦。

最後まで緊張感の絶えない名勝負でした。( ´ ▽ ` )ノ

戸高秀樹VS名護明彦

 

 

村田諒太VSエンダム①疑惑の判定??を再検証。

 

www.youtube.com

 

f:id:gokanno:20180407012942j:plain

 

村田諒太の初防衛戦がまもなくやってきますね。記念。

もう今さら誰も話題にしていないだろ!という

アッサンエンダムとの王座決定戦の判定を

再検証してみようと思い、改めて採点し直しました。

 

f:id:gokanno:20180407013006j:plain

 

最初はリアルタイムでテレビで採点をして、

その後動画で採点をして、

今回は音声をシャットアウト(無音状態)にして、

この試合を、、、

私は3回も採点したことになりましたが( ´ ▽ ` )

採点し甲斐のあるクロスゲームだったと

自分なりの結論が出ました。

最初に生で観ていた時は、正直、

「はぁ????」(´Д` )

f:id:gokanno:20180407012855j:plain

 

なんで?全然村田の勝ちじゃん。

と、多くの方が抱いた感情に私もなりましたが、

少なくともプロのジャッジが2人

エンダムの勝ちにしているという事実、

これはやはり無視できないと思い改めて、

再検証という、

ボクシングオタクならではの思考にシフトしました。

私の採点は、

最初の採点は大差で村田の勝ちにしたものの、

2回目と3回目の採点は、、、

f:id:gokanno:20180407003315j:plain

 

採点云々よりも、汚いノート。そして字がひどすぎて、

我ながら残念な人だなと

客観的になったりするのはひとまず置いておいて、

 

f:id:gokanno:20180407013125j:plain

 

こんな感じの採点になりました。

Cはクリーンヒット(有効打)

Aはアグレッシブ(攻勢)

Dはディフェンス、ではなく

ダウンを意味して書いてます。www

Rはリングジェネラルシップ(ペース支配)

エキサイトマッチフリークの人なら

ツーカーで理解できる初歩的な話ですが、

世界標準の採点基準は、

有効なクリーンヒットが7割から8割は採点に影響して、

有効なクリーンヒットがない場合のみ、

攻勢やリングジェネラルシップを

鑑みて、そのラウンドの採点をする。

というのが現在の採点基準の大原則になっています。

ジョー小泉さんも

エキサイトマッチの中ですごく参考になることを

おっしゃられてました。

 

f:id:gokanno:20180407013257j:plain

 

「難しく考えずに、このラウンド、

どちらがより相手を痛めつけたのか?」を考えろ。

とシンプルかつ真理な名言です(*゚∀゚*)

この村田エンダム戦を全部通して見た印象だけならば、

やはり村田が優勢に見える。

なのに、採点は割れる。一筋縄でいかない。

ここがボクシングの

非常におもしろいところなわけですが、

ボクシングが嫌いな人の

一つの大きな理由だったりする部分とも思われます。

 

f:id:gokanno:20180407013330j:plain

 

なぜ印象では村田が優勢だったのか、

その一つの要因は4Rでダウンを奪ったこと。

もう一つは終始前に出て、

エンダムに圧力をかける前進をしていたこと。

この二つの要素によって、

パッと見た感じ村田の圧勝に見えた人も多かったのでは?

と思います。

実際自分も一回目に採点した時は

117-110で村田の勝ちにしてましたし。(((o(*゚▽゚*)o)))

やっぱり再検証はしてみるものです。

5、10、11と私は村田のポイントにしていますが、

クエスチョンマークをつけていますので、

仮にエンダムに流れていても、

おかしくなかったと思うラウンドでした。

5、10、11をもし、エンダムのポイントにしたとすると

115-112まったく同じスコアで

エンダムの勝ちになったわけであります。

なので、

これはクロスゲームだったんだなという

自己完結になったわけですが、

色々なんやかんや書き連ねてきましたが、

そしてクロスゲームだとか、

接戦とか言ってきましたが

この試合はやっぱり

村田の勝ちだと思います(笑)

それはやっぱり、相手をより痛めつけたもん。(笑)

ってことで。

身も蓋もないですけど(*゚∀゚*)

いよいよ初防衛戦が近くて楽しみですね。

そして相手弱そうです(爆)

 

f:id:gokanno:20180407013639j:plain

 

普段ボクシングを見ない人も

村田諒太の試合は見るのでは?

と、一種の国民的英雄になりつつある村田諒太

ただ、、、、、

村田の引退は意外と早いのかもと

冷静にも感じてしまいます。

なんとなく、普段の発言でも

「脳へのダメージが」的な発言が多いので、

打たれることを極端に嫌っているフシがあります。

なんとなく、

世界戦で一度負けたらあっさり引退しちゃいそう。

とかね。

なので、どうせだったら

ビッグファイトを一発見たい(>_<)

という願望はすごく出てきます。

ビリージョーサンダースに

アウトボクシングで完封されちゃうより、

ゴロフキンとの真っ向勝負の打ち合いを見たい!

昔で言うとマービンハグラーに

日本人選手が世界タイトルを懸けて

戦うようなもんですもんね。

 

f:id:gokanno:20180407013920j:plain

 

これは、たぎるやつですよ!!!(*゚∀゚*)

もう当分ミドルで世界の一流と

あいまみえる日本人は出てこなそうですし。

こんな末端のボクシングファンにまで

色々と期待される村田諒太

マジで大変そうですが(笑)

15日は声張り上げて応援したいと思います( ´ ▽ ` )

ではでは。

Ryota Murata vs Hassan N'Dam1

 

ノリスVSブロッカー。最強時代のノリス。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20180406002354j:plain

 

1993年当時のパウンドフォーパウンド最強、

それはテリーノリスだと多くの人が言っていました。

そんなちょうど手がつけられない

絶頂期の瞬間のノリスの防衛戦です。

挑戦者は一つ下の階級の、

IBFウェルター級チャンピオン、モーリスブロッカー。

ちょっと剥げちゃってますが、( ̄▽ ̄;)

この時29歳だったみたいですね(*゚∀゚*)

これは、

ブロッカーがウェルターからひと階級上げて、

テリーノリスの持つWBCのSウェルター

(当時日本ではJミドルと称してました)

のベルトを狙い、2階級制覇を目論んだ挑戦でした。

通常、ベルトを保持したまま

別の階級への挑戦は稀なケースで、

返上してから挑戦する。

というのが一般的ではあると思うのですが、

この試合はブロッカーはウェルターのベルトを

保持したまま、ノリスへ挑戦する。

という異例の形でした。

あの色々と厳しいIBF

よくぞ許したなと思いますが(笑)

当時はもう少しゆるかったのでしょうか。

試合のほうは、

あ (*゚∀゚*)

っと言うまにノリスにボコられて

終わってしまうのですが、

一番驚いたのは、

あのストップが早いリチャードスティールが

1Rで止めなかったなと思うとこです(笑)

2回目のダウンで

もう充分だったと思うんですけどね。

早い早い言われすぎて、

気にしてたんでしょうかね^^

私はリチャードスティール擁護派です。

 

f:id:gokanno:20180406002424j:plain

 

当時から選手の安全管理に対して

神経質になっていた数少ないレフェリーでしたし、

今でこそボクシングの安全管理が

徹底されつつある時代ですが、

当時はまだまだ

もっとやらせろ精神が蔓延していた時代に、

自分の信念を貫く強さを持った

レフェリーだと思うからです。

ただ、

この試合は明らかに遅いっす(*゚∀゚*)

 

f:id:gokanno:20180406002949p:plain

 

でも私は好きです。リチャード。

モーリスブロッカーと言えば、

サイモンブラウンとの親友対決も有名ですが、

そのサイモンブラウンが

大番狂わせでテリーノリスに勝ってしまうなんて、

この時点では誰も予想できなかったと思います。

 

f:id:gokanno:20180406002448j:plain

 

ノリスは速く、そして力強い。

しかしながら

打たれ脆いという弱点がありましたが、

ノリに乗ってる時代で

常に好戦的なボクシングに偏り、

サイモンブラウンのような強打者に対しても、

かまわず前に出てしまって

迂闊に打ち合ってしまったことで、

あの敗戦へとなっていくわけですが、

その伏線として、

この日ブロッカーを鮮やかに沈めたことも

ノリスの自信を

またひとつ深めた要因になっていたのかもです。

余談ですが、

ブロッカーはノリスに敗れた後に、

ウェルターに戻り、防衛戦を行ったのですが、

あのフェリックストリニダードにKO負けを喫し、

王座から転落しました。

その記事はこちら

gokanno.hatenablog.com

テリーノリス、

やっぱり全盛期は強かったなぁと再確認できます( ´ ▽ ` )

Terry Norris vs Maurice Blocker

 

 

 

サリドVSロマチェンコ。ロマチェンコ初黒星!

www.youtube.com

f:id:gokanno:20180401093721j:plain

f:id:gokanno:20180401093831p:plain

 

世界三大投資家の一人、

ウォーレン・バフェットの言葉で

「どんなに能力が高くても、

どんなに才能があっても、

その物事を成就、または修得するためには

ある一定の時間を必要とする場合がある。

どんなに早く子供が欲しいからと言って、

9人の女性を妊娠させたとしても、

子供が産まれてくるのは9ヶ月後である。」

 

私はラーメン屋を経営しています。

今までたくさんのアルバイトを雇ってきましたが、

やはり他のラーメン屋で経験が長かったり、

または飲食店経験が多いと飲み込みが早い、

仕事を覚えるのが早い。

これはほぼ間違いなく当てはまります。

しかし、どれだけ経験豊富でセンスがあっても、

店に入って二日目にほぼ万能に完成されて、

ほとんど教えることもなく、

なんてことはまず有り得ないことだと思います。

 

この日のロマチェンコはまさにこんな感じ(笑)

すっごくセンスがあって、

光るものをビンビン感じるけど、

 

職場に慣れてない(*゚∀゚*)

f:id:gokanno:20180401093928j:plain

 

そんな慣れない職場で

気難しい上司代表みたいな

オルランドサリド課長代理と

クロスゲームを演じるところに

ロマチェンコの凄みを感じずにはいられないものの、

やはりこの日はサリドが優勢だったかな?

と、思います。

(私の採点は114-114のイーブンだったですが(^_^;)

試合を振り返った印象では残念ながら

ロマチェンコの勝ちはないかな。

といった感想です。

 

f:id:gokanno:20180401094022j:plain

 

新人いじめのサリドさんも、

今のロマチェンコとやったら

かなり高い確率でノー・マスでしょうけど、

この日は、プロの洗礼的な

ズルくてワルいボクシングで

ハイテクな精密機械を

機能させなかったと言えるでしょう。

 

2018年4月1日現在、

ワシルロマチェンコは、

パウンドフォーパウンドでも

1位2位を争うほどのビッグファイターに変身し、

スーパースターになっています。

来月の5月に、

ホルヘリナレスに挑戦が決まったロマチェンコ。

 

f:id:gokanno:20180401094059j:plain

 

リナレスが勝つシーンがなかなか想像しにくく、

唯一の敗戦であったサリド戦を見て、

どこかにリナレスに勝算が見つかるかな?

と思いましたが、

全く参考にならなかったですね( ̄▽ ̄;)

この日のロマチェンコは

今のロマチェンコとは全く別のボクサーでした。。。

 

f:id:gokanno:20180401094417j:plain

 

リナレスはやはり

ボクサースタイルでジャブを突いて、

カウンターを狙って。

というボクシングをすると思います。

ハンドスピードならば、

ロマチェンコに勝るとも劣らないリナレス。

脚の速さも十二分に速いけれども、

ロマチェンコのあのダンスのステップの

瞬間移動を考えると

リナレスといえども

自分の距離を保つのはなかなか難しいと思います。

ただ、

フィジカル面での優位がリナレスにあることや、

今までロマチェンコは

リナレスほど速い選手と戦っていないこと。

ロマチェンコが最近不用意に被弾することもままある、

ことなど。

リナレスのカウンターが炸裂して

ロマチェンコがダウン。

なんてことも全然あり得ると思います。

なので、私の予想は、

ロマチェンコの

判定勝ちにしておきます( ´ ▽ ` )

もしくは後半にストップ勝ちね!ロマチェンコの!

だってさ、まだ負けない感じするんだよね!

ロマチェンコ(笑)

さすがにリナレスがノーマスはしないと思いますが。。

なので、当日私はテレビの前で、

声を張り上げて応援したいと思います( 」´0`)」

リナレス頑張れ!!!とね。

f:id:gokanno:20180401094528j:plain

 

Lomachenko vs Salido.

レナードVSテリーノリス。シュガーレイの落日

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170714000938j:plain

 

 f:id:gokanno:20170714000524j:plain

f:id:gokanno:20170714000546j:plain

 

どんな名選手であっても、必ず敗れる日が来てしまいますが、

シュガーレイレナードも例外ではありませんでした。

当時のチャンピオン、テリーノリスにレナードが挑戦する形でしたが、

戦前の予想ではやや接ってはいたものの、

レナード有利という声が多かったと記憶しています。

 

f:id:gokanno:20170714000624j:plain

 

今でこそ、テリーノリスといえばビッグチャンピオン、

当時のパウンドフォーパウンド最強とまで言われたボクサーですが、

レナード戦の頃はまだ評価が分かれるところも多く、

過小評価されていました。

ノリスがジュリアンジャクソンに挑戦した試合で、

痛烈なノックアウト負けを喫していたことや

打たれ脆さを指摘する声などで、

ブランクが長く、34歳を迎えていたレナードであっても、

ノリスには勝てるんじゃないか。

そんな楽観ムードな空気がありました。

実際、レナードはこれまでに引退してカムバック、

カムバックしては引退、引退してカムバックを繰り返しw

上野のアメ横などで見られる、

「本日最終日!店内のカバンは全て3000円です!今日で閉店します!」

と言っていた店が、

一週間経ってもまだ営業してる。これに通ずる何かを感じます。

 

f:id:gokanno:20170714000800j:plain

 

引退します詐欺の常習犯であるレナードが、

カムバックして戦う相手には、なんらかの勝算があることが多く、

それで今までも勝ってきていた実績も相まって、

私もレナードが勝つだろうと踏んでいました。

それが試合が始まってみると、

あのスーパーエキスプレスと言われたレナードが、

遅い(*゚∀゚*)遅すぎる。

f:id:gokanno:20170714000830j:plain

 

たしかに、ノリスはスピードのある選手ですが、

リングに立っているのはかつてのレナードではありませんでした。

レナードが時折みせるコンビネーションや、

カウンターなど、随所にかつての煌きというか、

残光というのでしょうか。

そういったものも垣間見えたりするのですが、

いかんせん単発で、ノリスにはほとんどヒットしませんでしたね。

 

f:id:gokanno:20170714000903j:plain

 

試合後、レナードは、

「昔の自分と戦っているようだった」とコメントしていましたが、

それほどまでに二人の実力差がはっきりと明確に、

レナードの落日を彩っていました。

レナードはこの日まで、ロベルトデュランとの第一戦以外に

負けは一度もなく、もちろん完敗というのが初めてでした。

ハグラーやハーンズ戦でも、もちろん苦戦などは多かったレナードですが、

いいとこなしというのが、何よりもショックだったですね。

あ、これは私の感想なんですが(笑)

この試合をみると、メイウェザーもカムバックして、

この日のレナードのような試合をするのだろうか、

見たいような見たくないようなですね(*´ω`*)

f:id:gokanno:20170714001058j:plain

 

オールドファンは特に感傷的になってしまう試合ですが、

歴史の節目となるビッグマッチですので、

久しぶりにご覧になっていただいたいです( ´ ▽ ` )ノ

この日を境にテリーノリスはスーパーチャンピオンへと変貌していきましたね。

Terry Norris vs Sugar Ray Leonard

レパード玉熊VS李烈雨。日本伝統のフライ級に再び

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

f:id:gokanno:20170709122713j:plain

 

「ニッポン伝統のフライ級に再び光が射しました」

のアナウンサーの実況に幼かった自分は鳥肌モノだった、

とても記憶に残っている試合です。

当時、大橋秀行WBCストロー級の世界タイトルを奪取して、

日本人世界挑戦21連敗を止めたばかりくらいのタイミングで、

玉熊が二人目の世界チャンピオンになったことで

日本ボクシング会も活気が戻ってきた。

そんな空気だったと思います。

 

f:id:gokanno:20170709122842j:plain

 

試合は、この時代特有の細かい連打の応酬の接近戦(笑)

今の時代、あまり見なくなりましたよね。

やはりボクシングにも日進月歩、

その時代その時代でトレンドも違いますし、

ちょっとずつちょっとずつ進化していっていることが、

昔の試合をみると改めて実感します。

代表的なところだと、フロイドメイウェザーJrの、

すり足のフットワークを使ったことで、

それまでのピョンピョン跳ねたようなアウトボクシング

最近めっきり見なくなったとか、

まぁ、メイウェザーはやっぱりあのリングインの時の

ロープに頭をくぐらせて、戻してからリングイン

これですね ↓↓

www.youtube.com

この動きは真似してる選手めちゃ多いですよね。

私も何かをくぐるときに日常生活で真似してしまうくらいですから(*゚∀゚*)

トレンド云々というより、典型的なコリアンファイターの

李と、迎え撃つ戦術の玉熊の組み合わせならば、

この試合展開は必然だったように思います^^

それにしても、この時代の試合前の悲愴感というか緊張感は、

今の時代にはあまり感じられなくなりました。

というか、テレビの演出が派手になったから、

というのがかなりの割合で影響しているのでしょうが、

自分はこの時代の控え室のリポートが大好きでしたね^^

昔は良かったね。とかではなく、単純に個人的な好み、趣味趣向の問題です(笑)

やっぱり、あしたのジョーが好きすぎて、

ボクシングに悲愴感を未だに求めているのでしょうか。

ただ、この日のアナウンサーの実況などは、ほんとに秀逸で

ここに関しては、最近の民放の実況よりも明確に優秀であると言わざるをえません。

色々と、懐かしくて試合と関係ないことばかり買い連ねましたが、

 

f:id:gokanno:20170709123012j:plain

 

日本伝統のフライ級の世界タイトルマッチ。

今見ても、かなり感動的な試合ですので、

まだ見たことないよ。という人はぜひぜひ(*´ω`*)

李烈雨 vs レパード玉熊

 

竹原VSホルヘカストロ。歴史を変えた一戦

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170518203404j:plain

 

まもなく、村田諒太選手のミドル級世界タイトルマッチ、

ということで、この試合が思い出されました。

日本人で初めて世界ミドル級チャンピオンになった男、

竹原慎二の世界タイトル奪取の試合です。

チャンピオンは百戦錬磨のアルゼンチンの闘牛、

ホルヘカストロ

 

f:id:gokanno:20170518203736j:plain

 

試合前の予想では、竹原に勝ち目はないだろう。

というのが大方の予想でした。

それが証拠に、当時ボクシングの世界タイトルマッチは

民放のゴールデンタイムでやることが当たり前でしたが、

(それは2017年現在もそうですが(^_^;)

たしか、竹原VSカストロ戦は深夜放送だったと思います。

最後の判定が下って、竹原が勝ち名乗りを受けてるシーンの、

テロップが、

「竹原、奇跡の王座奪取!!」

と、若干悪意を感じるレベルですし(笑)

 

f:id:gokanno:20170518203816j:plain

 

竹原がもし、もっと下の階級だったなら

こんな風には扱われなかったに違いありません。

試合内容は、ダウンも奪って終始試合を支配した

竹原の文句なしの判定勝利でした。

 

f:id:gokanno:20170518203840j:plain

 

解説の渡嘉敷さんも、興奮実況でしたね(笑)

解説というより、ほとんど応援でしたけど( ̄▽ ̄;)

 

f:id:gokanno:20170518203902j:plain

 

竹原は初防衛戦でウィリアムジョッピーに敗れて引退してしまいますが、

もしジョッピーに勝っていたら、

トリニダードとのビッグマッチもあったかもなんですよね。

村田選手にはぜひ勝ってもらって、

GGGやカネロと絡んで欲しいなと勝手に期待しております( ´ ▽ ` )ノ

f:id:gokanno:20170518204029j:plain

Jorge Castro vs Shinji Takehara

 

 

カネロアルバレスVSカーン。これが失神KOです

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170510234705p:plain

f:id:gokanno:20170510234723j:plain

 

いよいよGGGことゴロフキンとの対戦が決まった、

サウル”カネロ”アルバレスとアミールカーンのタイトルマッチです。

2階級も体重を上げ、体格面での不利や、打たれモロさもあいまって、

カネロ圧倒的有利との予想の中で行われた試合でした。

結果やインパクトありすぎのKOシーンだけを見ると、

大方の予想通りだったわけですが。

なのですが、実はこの試合カーンは大善戦でした。

というか、むしろ

「このままカーンが勝っちゃうんじゃね?」(*゚∀゚*)

くらいの勢いありました。(笑)

エキサイトマッチの解説人の飯田さん浜田さんも

5Rまでカーン優勢のポイントをつけてましたもんね。

 

f:id:gokanno:20170510234922j:plain

 

ハンドスピードをいかしたワンツー、素早い出入り

終始集中力を切らさずに、カーンはカネロの激しいプレッシャーに

晒されながらも本当に上手く戦っていたと思います。

 

f:id:gokanno:20170510235048j:plain

 

並の選手であれば、序盤に主導権を握られた展開を打開することは

難しく、(特にビッグマッチでは)そのままズルズル行ってしまうことも

しばしばで。カーンは最初から12R戦って判定をものにする戦略のボクシングを

徹底するという中での、

あの右。(笑)

すべてを無に帰すあの右。(笑)

 

f:id:gokanno:20170510235128j:plain

 

カネロ、天晴れと言わざるを得ないでしょう。

ポイントを取られても慌てることなく、じわじわと距離を縮めて、

ボディをヒットさせて、心なしかガードの下がったカーンの

一瞬のスキをついて。倒れた瞬間に誰もが終わったと認識できる

失神KOでした。

 

f:id:gokanno:20170510235156j:plain

f:id:gokanno:20170510235210j:plain

f:id:gokanno:20170510235254j:plain

 

浜田さんもおっしゃってましたが、

カーンは上手く戦っていたけれど、最後まで続けることは難しかったですね。

カネロが相手ではなかったらアウトボックスできていたかもですが(^_^;)

それにしても、9月が待ちきれませんね!( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:gokanno:20170510235230j:plain

Canelo vs. Khan

 

ナザロフVSガマチェ。倒され屋のガマチェさん

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170324012841j:plain

 

勇利アルバチャコフと共に協栄ジムに所属し、

世界チャンピオンになったグッシーナザロフ。

(グッシー)は先輩チャンピオンの具志堅用高

ニックネームから取ってたみたいですが、

ナザロフ本人が、

「本名がいい」と強く要望したらしく、

(そりゃそうですよねwww)

世界戦前くらいには、グッシーナザロフから、

本名であるオルズベックナザロフに

変わっていた記憶があります。

勇利も、

最初はユーリ海老原のリングネームでしたが、

本人の強い要望により、

アルバチャコフと本名でリングに上がってました。

出稼ぎボクサーの葛藤と憂鬱を感じさせる、

ちょっと悲しい話です。(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170324012911j:plain

 

そんなナザロフさんは、

南アフリカで当時チャンピオンだったディンガントベラから

タイトルを奪って、このジョーイガマチェ戦が

二度目の防衛戦でした。

アメリカVSロシアの構図で、

ナザロフはブーイングを浴びてます。

ロッキー4のアポロVSドラゴを思い出してしまう

オールドファンもいるかもですが、

 

f:id:gokanno:20170324013115j:plain

 

この日のガマチェのトランクスが

まさにアポロクリード的というか、

キャプテンアメリカ的というか、

 

f:id:gokanno:20170324013055j:plain

 

昔のアメリカの学園ドラマには欠かせないタイプの

ナショナリズムボクサー、ジョーイガマチェと言ったとこでしょうか(笑)

 

f:id:gokanno:20170324013141j:plain

アポロVSドラゴの衝撃のKOシーンにも勝るとも劣らない衝撃のラストです。

 

ガマチェは強い選手で、

世界チャンピオンにもなっているんですが、

このナザロフ戦やトニー”タイガー”ロペス戦、

悪夢のアルツロガッティ戦。

圧倒的な倒されぶりばかりが記憶に残っている、

倒されアーティストでありました。

これだけ華のある鮮やなKO負けをする選手は、

日本では山口圭司選手くらいしか思い出せません(笑)

倒した瞬間、普段クールなナザロフの

貴重なガッツポーズも見れますので

ぜひぜひ見てみてください。

ナザロフがあのジョーイガマチェをKOしたのか!と

多くの日本人ボクシングファンを

喜ばせた忘がたい一戦です。

 

Orzubek Nazarov vs. Joey Gamache

 

ガマチェの倒されっぷりをおかわりしたい方は、

タイガーロペス戦のKOラウンドもどうぞ。↓↓↓

www.youtube.com

Joey Gamache vs Tony "The Tiger" Lopez

モンシプールVSソムサック。年間最高試合。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170219013654j:plain

f:id:gokanno:20170219013710j:plain

 

この前、マヤルモンシプールVS仲里繁の死闘を

ブログにあげました。

gokanno.hatenablog.com

そのフランスの闘犬こと(誰も呼んでまんせんが)

マヤルモンシプールがチャンピオンの座から転落した試合です。

いつも激闘のモンシプールらしく、

敗れた試合でも、この年のファイトオブザイヤーを受賞しています。

 

挑戦者はタイのソムサックシンチャチャワン。

タイ国内では評価は高かったかもですが、

世界的には無名だったこともあり、

モンシプールが無難に防衛するのでは?

という予想が圧倒的だったと思います。

1ラウンド開始早々、ソムサックのカウンターで、

モンシプールがダウンします。

裁定はスリップでしたが、波乱の幕開けでした。

 

元々身体が大きくないモンシプールではありますが、

ソムサックが2回りくらい大きく見えます。

このフィジカル面の差がじわじわと終始試合に影響を与えたようにも感じます。

 

f:id:gokanno:20170219013844j:plain

 

モンシプールは誰が相手だろうと前に出てガンガン打ち合う選手なので、

体格差というのがモロに影響されるファイトスタイルだったことも、

この試合の勝負を分けたキーポイントだったと思います。

ソムサックはロープに詰まってピンチに陥る場面もたびたびあったのですが

終わってみたら、あれは作戦だったのかな?とも思えてきます。

好戦的なモンシプールに前に出てこさせて、

モンシプールの打ち終わりをカウンターで狙ったり、

打ち疲れさせたところで勝負をかける。

 

f:id:gokanno:20170219013919j:plain

 

かつて、モハメドアリが圧倒的不利の予想の中、

ジョージフォアマンをKOしたキンサシャの奇跡オマージュと言いますか(笑)

ロープアドープ作戦だったのかと言っても過言ではありません。

おそらく過言ですが。

一見チャンスを多く作っているモンシプールでしたが、

クリーヒットが少なく、逆にソムサックのパンチは

数は少ないものの、的確にモンシプールにダメージを蓄積していった。

そういう印象です。

冒頭にも書きましたが、やはり体格差も影響して

普段ならもっとダメージを与えられたであろうモンシプールのパンチが

ソムサックにそこまで致命的なダメージを与えられなかったのかもしれません。

ともあれ、

敵地フランスでこのような戦術を取ったソムサックは天晴れだと思います。

モンシプール好きだったので私は、残念でしたが(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170219013951j:plain

 

モンシプールは6度目の防衛を失敗して、

返り咲くことなく引退となりました。

モンシプールとしては悔しい敗戦だったと思いますが、

年間最高試合にも選ばれた番狂わせなので、

ぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Somsak Sithchatchawaln vs Mahyar Monshipour