ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

レナードVSテリーノリス。シュガーレイの落日

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170714000938j:plain

 

 f:id:gokanno:20170714000524j:plain

f:id:gokanno:20170714000546j:plain

 

どんな名選手であっても、必ず敗れる日が来てしまいますが、

シュガーレイレナードも例外ではありませんでした。

当時のチャンピオン、テリーノリスにレナードが挑戦する形でしたが、

戦前の予想ではやや接ってはいたものの、

レナード有利という声が多かったと記憶しています。

 

f:id:gokanno:20170714000624j:plain

 

今でこそ、テリーノリスといえばビッグチャンピオン、

当時のパウンドフォーパウンド最強とまで言われたボクサーですが、

レナード戦の頃はまだ評価が分かれるところも多く、

過小評価されていました。

ノリスがジュリアンジャクソンに挑戦した試合で、

痛烈なノックアウト負けを喫していたことや

打たれ脆さを指摘する声などで、

ブランクが長く、34歳を迎えていたレナードであっても、

ノリスには勝てるんじゃないか。

そんな楽観ムードな空気がありました。

実際、レナードはこれまでに引退してカムバック、

カムバックしては引退、引退してカムバックを繰り返しw

上野のアメ横などで見られる、

「本日最終日!店内のカバンは全て3000円です!今日で閉店します!」

と言っていた店が、

一週間経ってもまだ営業してる。これに通ずる何かを感じます。

 

f:id:gokanno:20170714000800j:plain

 

引退します詐欺の常習犯であるレナードが、

カムバックして戦う相手には、なんらかの勝算があることが多く、

それで今までも勝ってきていた実績も相まって、

私もレナードが勝つだろうと踏んでいました。

それが試合が始まってみると、

あのスーパーエキスプレスと言われたレナードが、

遅い(*゚∀゚*)遅すぎる。

f:id:gokanno:20170714000830j:plain

 

たしかに、ノリスはスピードのある選手ですが、

リングに立っているのはかつてのレナードではありませんでした。

レナードが時折みせるコンビネーションや、

カウンターなど、随所にかつての煌きというか、

残光というのでしょうか。

そういったものも垣間見えたりするのですが、

いかんせん単発で、ノリスにはほとんどヒットしませんでしたね。

 

f:id:gokanno:20170714000903j:plain

 

試合後、レナードは、

「昔の自分と戦っているようだった」とコメントしていましたが、

それほどまでに二人の実力差がはっきりと明確に、

レナードの落日を彩っていました。

レナードはこの日まで、ロベルトデュランとの第一戦以外に

負けは一度もなく、もちろん完敗というのが初めてでした。

ハグラーやハーンズ戦でも、もちろん苦戦などは多かったレナードですが、

いいとこなしというのが、何よりもショックだったですね。

あ、これは私の感想なんですが(笑)

この試合をみると、メイウェザーもカムバックして、

この日のレナードのような試合をするのだろうか、

見たいような見たくないようなですね(*´ω`*)

f:id:gokanno:20170714001058j:plain

 

オールドファンは特に感傷的になってしまう試合ですが、

歴史の節目となるビッグマッチですので、

久しぶりにご覧になっていただいたいです( ´ ▽ ` )ノ

この日を境にテリーノリスはスーパーチャンピオンへと変貌していきましたね。

Terry Norris vs Sugar Ray Leonard

レパード玉熊VS李烈雨。日本伝統のフライ級に再び

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

f:id:gokanno:20170709122713j:plain

 

「ニッポン伝統のフライ級に再び光が射しました」

のアナウンサーの実況に幼かった自分は鳥肌モノだった、

とても記憶に残っている試合です。

当時、大橋秀行WBCストロー級の世界タイトルを奪取して、

日本人世界挑戦21連敗を止めたばかりくらいのタイミングで、

玉熊が二人目の世界チャンピオンになったことで

日本ボクシング会も活気が戻ってきた。

そんな空気だったと思います。

 

f:id:gokanno:20170709122842j:plain

 

試合は、この時代特有の細かい連打の応酬の接近戦(笑)

今の時代、あまり見なくなりましたよね。

やはりボクシングにも日進月歩、

その時代その時代でトレンドも違いますし、

ちょっとずつちょっとずつ進化していっていることが、

昔の試合をみると改めて実感します。

代表的なところだと、フロイドメイウェザーJrの、

すり足のフットワークを使ったことで、

それまでのピョンピョン跳ねたようなアウトボクシング

最近めっきり見なくなったとか、

まぁ、メイウェザーはやっぱりあのリングインの時の

ロープに頭をくぐらせて、戻してからリングイン

これですね ↓↓

www.youtube.com

この動きは真似してる選手めちゃ多いですよね。

私も何かをくぐるときに日常生活で真似してしまうくらいですから(*゚∀゚*)

トレンド云々というより、典型的なコリアンファイターの

李と、迎え撃つ戦術の玉熊の組み合わせならば、

この試合展開は必然だったように思います^^

それにしても、この時代の試合前の悲愴感というか緊張感は、

今の時代にはあまり感じられなくなりました。

というか、テレビの演出が派手になったから、

というのがかなりの割合で影響しているのでしょうが、

自分はこの時代の控え室のリポートが大好きでしたね^^

昔は良かったね。とかではなく、単純に個人的な好み、趣味趣向の問題です(笑)

やっぱり、あしたのジョーが好きすぎて、

ボクシングに悲愴感を未だに求めているのでしょうか。

ただ、この日のアナウンサーの実況などは、ほんとに秀逸で

ここに関しては、最近の民放の実況よりも明確に優秀であると言わざるをえません。

色々と、懐かしくて試合と関係ないことばかり買い連ねましたが、

 

f:id:gokanno:20170709123012j:plain

 

日本伝統のフライ級の世界タイトルマッチ。

今見ても、かなり感動的な試合ですので、

まだ見たことないよ。という人はぜひぜひ(*´ω`*)

李烈雨 vs レパード玉熊

 

竹原VSホルヘカストロ。歴史を変えた一戦

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170518203404j:plain

 

まもなく、村田諒太選手のミドル級世界タイトルマッチ、

ということで、この試合が思い出されました。

日本人で初めて世界ミドル級チャンピオンになった男、

竹原慎二の世界タイトル奪取の試合です。

チャンピオンは百戦錬磨のアルゼンチンの闘牛、

ホルヘカストロ

 

f:id:gokanno:20170518203736j:plain

 

試合前の予想では、竹原に勝ち目はないだろう。

というのが大方の予想でした。

それが証拠に、当時ボクシングの世界タイトルマッチは

民放のゴールデンタイムでやることが当たり前でしたが、

(それは2017年現在もそうですが(^_^;)

たしか、竹原VSカストロ戦は深夜放送だったと思います。

最後の判定が下って、竹原が勝ち名乗りを受けてるシーンの、

テロップが、

「竹原、奇跡の王座奪取!!」

と、若干悪意を感じるレベルですし(笑)

 

f:id:gokanno:20170518203816j:plain

 

竹原がもし、もっと下の階級だったなら

こんな風には扱われなかったに違いありません。

試合内容は、ダウンも奪って終始試合を支配した

竹原の文句なしの判定勝利でした。

 

f:id:gokanno:20170518203840j:plain

 

解説の渡嘉敷さんも、興奮実況でしたね(笑)

解説というより、ほとんど応援でしたけど( ̄▽ ̄;)

 

f:id:gokanno:20170518203902j:plain

 

竹原は初防衛戦でウィリアムジョッピーに敗れて引退してしまいますが、

もしジョッピーに勝っていたら、

トリニダードとのビッグマッチもあったかもなんですよね。

村田選手にはぜひ勝ってもらって、

GGGやカネロと絡んで欲しいなと勝手に期待しております( ´ ▽ ` )ノ

f:id:gokanno:20170518204029j:plain

Jorge Castro vs Shinji Takehara

 

 

カネロアルバレスVSカーン。これが失神KOです

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170510234705p:plain

f:id:gokanno:20170510234723j:plain

 

いよいよGGGことゴロフキンとの対戦が決まった、

サウル”カネロ”アルバレスとアミールカーンのタイトルマッチです。

2階級も体重を上げ、体格面での不利や、打たれモロさもあいまって、

カネロ圧倒的有利との予想の中で行われた試合でした。

結果やインパクトありすぎのKOシーンだけを見ると、

大方の予想通りだったわけですが。

なのですが、実はこの試合カーンは大善戦でした。

というか、むしろ

「このままカーンが勝っちゃうんじゃね?」(*゚∀゚*)

くらいの勢いありました。(笑)

エキサイトマッチの解説人の飯田さん浜田さんも

5Rまでカーン優勢のポイントをつけてましたもんね。

 

f:id:gokanno:20170510234922j:plain

 

ハンドスピードをいかしたワンツー、素早い出入り

終始集中力を切らさずに、カーンはカネロの激しいプレッシャーに

晒されながらも本当に上手く戦っていたと思います。

 

f:id:gokanno:20170510235048j:plain

 

並の選手であれば、序盤に主導権を握られた展開を打開することは

難しく、(特にビッグマッチでは)そのままズルズル行ってしまうことも

しばしばで。カーンは最初から12R戦って判定をものにする戦略のボクシングを

徹底するという中での、

あの右。(笑)

すべてを無に帰すあの右。(笑)

 

f:id:gokanno:20170510235128j:plain

 

カネロ、天晴れと言わざるを得ないでしょう。

ポイントを取られても慌てることなく、じわじわと距離を縮めて、

ボディをヒットさせて、心なしかガードの下がったカーンの

一瞬のスキをついて。倒れた瞬間に誰もが終わったと認識できる

失神KOでした。

 

f:id:gokanno:20170510235156j:plain

f:id:gokanno:20170510235210j:plain

f:id:gokanno:20170510235254j:plain

 

浜田さんもおっしゃってましたが、

カーンは上手く戦っていたけれど、最後まで続けることは難しかったですね。

カネロが相手ではなかったらアウトボックスできていたかもですが(^_^;)

それにしても、9月が待ちきれませんね!( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:gokanno:20170510235230j:plain

Canelo vs. Khan

 

ナザロフVSガマチェ。倒され屋のガマチェさん

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170324012841j:plain

 

勇利アルバチャコフと共に協栄ジムに所属し、

世界チャンピオンになったグッシーナザロフ。

(グッシー)は先輩チャンピオンの具志堅用高

ニックネームから取ってたみたいですが、

ナザロフ本人が、「本名がいい」と強く要望したらしく、

(そりゃそうですよねwww)

世界戦前くらいには、グッシーナザロフから、

本名であるオルズベックナザロフに変わっていた記憶があります。

勇利も、最初はユーリ海老原のリングネームでしたが、

本人の強い要望により、アルバチャコフと本名でリングに上がってました。

出稼ぎボクサーの葛藤と憂鬱を感じさせる、ひとつ話ですね。(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170324012911j:plain

 

そんなナザロフさんは、南アフリカで当時チャンピオンだった

ディンガントベラからタイトルを奪って、このジョーイガマチェ戦が

二度目の防衛戦でした。

アメリカVSロシアの構図で、ナザロフはブーイングを浴びてます。

ロッキー4のアポロVSドラゴを思い出してしまう

オールドファンもいるかもですが、

 

f:id:gokanno:20170324013115j:plain

 

この日のガマチェのトランクスがまさにアポロクリード的というか、

キャプテンアメリカ的というか、

 

f:id:gokanno:20170324013055j:plain

 

昔のアメリカの学園ドラマには欠かせないタイプの

ナショナリズムボクサー、ジョーイガマチェと言ったとこでしょうか(笑)

 

f:id:gokanno:20170324013141j:plain

アポロVSドラゴの衝撃のKOシーンにも勝るとも劣らない衝撃のラストです。

 

ガマチェは強い選手で、世界チャンピオンにもなっているんですが、

このナザロフ戦やトニー”タイガー”ロペス戦、アルツロガッティ戦。

圧倒的な倒されぶりばかりが記憶に残っている、倒されアーティストでありました。

これだけ華のある鮮やなKO負けをする選手は、

日本では山口圭司選手くらいしか思い出せません(笑)

倒した瞬間、普段クールなナザロフの貴重なガッツポーズも見れますので

ぜひぜひ見てみてください。

ナザロフがあのジョーイガマチェをKOしたのか!と

多くの日本人ボクシングファンを喜ばせた忘がたい一戦です。

 

Orzubek Nazarov vs. Joey Gamache

 

ガマチェの倒されっぷりをおかわりしたい方は、

タイガーロペス戦のKOラウンドもどうぞ。↓↓↓

www.youtube.com

Joey Gamache vs Tony "The Tiger" Lopez

モンシプールVSソムサック。年間最高試合。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170219013654j:plain

f:id:gokanno:20170219013710j:plain

 

この前、マヤルモンシプールVS仲里繁の死闘を

ブログにあげました。

gokanno.hatenablog.com

そのフランスの闘犬こと(誰も呼んでまんせんが)

マヤルモンシプールがチャンピオンの座から転落した試合です。

いつも激闘のモンシプールらしく、

敗れた試合でも、この年のファイトオブザイヤーを受賞しています。

 

挑戦者はタイのソムサックシンチャチャワン。

タイ国内では評価は高かったかもですが、

世界的には無名だったこともあり、

モンシプールが無難に防衛するのでは?

という予想が圧倒的だったと思います。

1ラウンド開始早々、ソムサックのカウンターで、

モンシプールがダウンします。

裁定はスリップでしたが、波乱の幕開けでした。

 

元々身体が大きくないモンシプールではありますが、

ソムサックが2回りくらい大きく見えます。

このフィジカル面の差がじわじわと終始試合に影響を与えたようにも感じます。

 

f:id:gokanno:20170219013844j:plain

 

モンシプールは誰が相手だろうと前に出てガンガン打ち合う選手なので、

体格差というのがモロに影響されるファイトスタイルだったことも、

この試合の勝負を分けたキーポイントだったと思います。

ソムサックはロープに詰まってピンチに陥る場面もたびたびあったのですが

終わってみたら、あれは作戦だったのかな?とも思えてきます。

好戦的なモンシプールに前に出てこさせて、

モンシプールの打ち終わりをカウンターで狙ったり、

打ち疲れさせたところで勝負をかける。

 

f:id:gokanno:20170219013919j:plain

 

かつて、モハメドアリが圧倒的不利の予想の中、

ジョージフォアマンをKOしたキンサシャの奇跡オマージュと言いますか(笑)

ロープアドープ作戦だったのかと言っても過言ではありません。

おそらく過言ですが。

一見チャンスを多く作っているモンシプールでしたが、

クリーヒットが少なく、逆にソムサックのパンチは

数は少ないものの、的確にモンシプールにダメージを蓄積していった。

そういう印象です。

冒頭にも書きましたが、やはり体格差も影響して

普段ならもっとダメージを与えられたであろうモンシプールのパンチが

ソムサックにそこまで致命的なダメージを与えられなかったのかもしれません。

ともあれ、

敵地フランスでこのような戦術を取ったソムサックは天晴れだと思います。

モンシプール好きだったので私は、残念でしたが(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170219013951j:plain

 

モンシプールは6度目の防衛を失敗して、

返り咲くことなく引退となりました。

モンシプールとしては悔しい敗戦だったと思いますが、

年間最高試合にも選ばれた番狂わせなので、

ぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Somsak Sithchatchawaln vs Mahyar Monshipour

ホリフィールドVSダグラス。真実の証明!

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170218030558j:plain

f:id:gokanno:20170218030615j:plain

 

あのタイソンを歴史的番狂わせで破ったダグラスが、

「本物男」イベンダーホリフィールドを相手に迎えた初防衛戦。

統一世界ヘビー級タイトルマッチです。

タイソンに勝ったのはマグレだったのでは?と、

チャンピオンになったにもかかわらず、

ジェームス・”バスター”・ダグラスは訝しげに見られていました。

試合前の賭け率も、挑戦者であるホリフィールド有利となっていました。

リフィールドは一つ下の階級のクルーザー級

統一チャンピオンだったこともあり、無敗でランキングも1位。

予想が有利に傾いても不思議ではなかったと言えます。

 

f:id:gokanno:20170218030740j:plain

 

しかし、ホリフィールドがこの当時評価が高かったというよりも、

ダグラスに対する不信感が色濃く出ていた雰囲気でした。

リフィールドが正当に評価されたのは、

リディックボウに敗れた試合からですからね。

負けて株を上げる選手も珍しいですが、

そこらへんも、ホリフィールドの魅力ですかね(笑)

この日のダグラスは調整にも失敗したという噂もあり、

体重もタイソン戦と時よりも10キロくらい重かった記憶があります。

いざ試合が始まると、

やはりホリフィールドのシャープな動きが目立ちます。

 

f:id:gokanno:20170218030905j:plain

 

ダグラスにスピードがなかったとも言えますが、

この日のホリフィールドはやっぱりキレがあったと思います(*´ω`*)

今のヘビー級のチャンピオン達、フューリーやクリチコや、

ワイルダーと比べてもこの日のホリフィールドに勝てるかな?

とか考えながら見るとより楽しめます。

リフィールドファンの私の欲目もありますが、

どのチャンピオン相手でもホリフィールドが

勝っちゃうんじゃないかなーなんて思います(笑)

 

f:id:gokanno:20170218030934j:plain

 

試合を決めた右ストレートは鮮やかにダグラスの顔面を捉えて、

ダグラスは起き上がることができませんでした。

後日、このダウンシーンが問題となって、

ダグラスは立てたのに戦意喪失となり、

あえて立たなかったのでは?という話も聞かれました。

ほんとのとこはわかんないですけどね(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170218031001j:plain

 

リフィールド曰く、

「ダグラスは右アッパーを打つ前に右肩が下がる癖がある。」

と試合後に語っていただけのことはあり、

待ってましたとばかりに右を叩き込んでます。

あのマイクタイソンをKOした右アッパーだっただけに、

必ずやダグラスは右のアッパーを打ってくると

リフィールドは完全に読んでいたということですね。

 

f:id:gokanno:20170218031025j:plain

 

リングサイドにはホリフィールドと仲良しのパーネルウィテカーや

レナードにテリーノリスといった懐かしのビッグネーム達も見れます。

ヘビー級の歴史に残る試合ですので、

もし、まだ見たことないよ。という方はぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Evander Holyfield vs. Buster Douglas

モンシプールVS仲里。フランスの熱い夜。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170214173443j:plain

f:id:gokanno:20170214173459j:plain

 

昔、魁!男塾という漫画があって自分は大好きだったんですが、

この試合、その男塾に出てきてもおかしくありません(笑)

あえてラーメンで例えるならば確実に

ラーメン二郎です(*゚∀゚*)

しかも増し増しってやつですかね。

にんにく入れますか?

 

f:id:gokanno:20170214173525j:plain

 

挑戦者の仲里繁はあの名王者だったオスカーラリオスとの

2度に渡る激闘が有名で、ラリオスの顎を砕いたという

ハードパンチャーでした。

 

f:id:gokanno:20170214173709j:plain

 

顎を砕かれても最後まで戦い勝利したラリオスも相当ですが(^_^;)

これが仲里にとって3度目の挑戦で、

この試合に敗れて引退ということになりました。

 

f:id:gokanno:20170214173731j:plain

 

チャンピオンのマヤルモンシプールも、

闘犬のような顔をしているだけあって、

完全なブルファイターでパンチの強さだけではなく、

メンタルの強さも兼ね備えた強いチャンピオンでした。

誰とでも真正面から打ち合う選手だったので、私は大好きでした。

仲里とモンシプールは両者共に好戦的なので、

試合前から激しい打撃戦になることは、

火を見るより明らかではあったものの、

想像を超える、見ている側がパンチドランカーになるような

リングサイドの席の値段が高くても全然気にならない、

本当に名勝負だったと思います。

 

f:id:gokanno:20170214173906j:plain

 

同じ沖縄出身ということもあったでしょうか、

解説の浜田さんも熱がこもってますね(*´ω`*)

結局、仲里は世界を獲れなかったですが、

記憶に残る強い選手でしたね。

特に左フック、アッパーは過去の優れた世界チャンピオンと

比較しても全く遜色のない世界の左だったと思います。

 

f:id:gokanno:20170214173759j:plain

 

モンシプールとの打ち合いの中、勝負を分けたのは

やはりディフェンスの精度だったと思います。

モンシプールはガッチリとガードを固めて

打たれないことを意識し続けていたのに対して、

仲里はほとんどノーガードですからね(((゜Д゜;)))

せめて上体を振って、頭の位置を変えていたら、、、

と考えてしまいますが、そうなると仲里らしさみたいなものが

失われてしまうのかもしれませんね。

ボクシングってほんとに素晴らしいなと5億回くらい思ってますが(笑)

改めてそう感じさせてくれる試合でした( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:gokanno:20170214173827j:plain

Mahyar Monshipour vs Shigeru Nakazato

ドネアVSダルチニアン①。アップセットオブザイヤー

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170208223141j:plain

 

2007年度のリングマガジンの

ノックアウト、アップセットの両部門でオブザイヤーに輝いた

ノニトドネアの出世試合です。

 

f:id:gokanno:20170208223658j:plain

 

当時のビックダルチニアンは実力、評価共に高く

まだ無名だったドネアが勝つとは誰も予想していなかったですが

スターは突如センセーショナルに現れる、

劇的な戴冠劇の例にドネアも漏れることなく、

この試合をきっかけにスターダムに踊り出ました。

※こちらはセンセーショナルなトリニダード

gokanno.hatenablog.com

 

ドネアのニックネームはフィリピーノフラッシュですが、

言い得て妙なニックネームですね(*´ω`*)

最後のカウンターは、”バチン”という音と共に

ダルチニアンをリングに沈めました。

 

f:id:gokanno:20170208223642p:plain

BANG!!!

ライフルで頭を打ち抜かれたような衝撃音で、

ダルチニアンが倒れた瞬間に、

ダルチニアンのセコンドがリングに駆け上がろうとしています。

もう立てないことが当たった瞬間にわかってしまうほどの

強烈なパンチでした。

フィリピンと言えばマニーパッキャオですが、

パッキャオもマルコアントニオバレラにセンセーショナルなTKO勝利で

スター街道を歩んだプロセスがドネアと被るものがあります。

最近のドネアは精彩を欠く試合の多いと感じてしまうのも、

こういった強烈なKOシーンが脳裏に焼きついて、

期待値が上がってしまうからかもしれません。

あの時、長谷川穂積がモンティエルに勝っていれば、

そしてドネアがマグダレノに勝っていたら

両者の対戦が実現したかもと思うと残念ですね(´;ω;`)

f:id:gokanno:20170208223846j:plain

Vic Darchinyan vs Nonito Donaire

クロフォードVSガンボア。超ハイレベル!

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170203172717j:plain

 

 

私が今最も注目している選手が、

ワシルロマチェンコと、このテレンスクロフォードです。

そのクロフォードの評価を決定づけたのが、

このユリオルキスガンボア戦です。

 

f:id:gokanno:20170203172736j:plain

f:id:gokanno:20170203172807j:plain

 

ガンボアはキューバの強豪で、この日まで無敗。

アテネ五輪では金メダルも獲得してます(((゜Д゜;)))

更に妻への暴力行為で2回も逮捕されるという強者です(笑)

クロフォードはアメリカのオマハ出身で、地元の英雄なのでしょうか、

地元ではもの凄い人気みたいですね。

オマハといえば、世界三大投資家の一人、

ウォーレンバフェットの地元でも有名です。

バフェット爺さんの名言で、お金を増やすルールというのがあります。

ルール其の一。

・お金を絶対に損しないこと。

ルール其の二。

・ルール其の一を絶対に忘れないこと。

禅問答のようですが、バフェットが言うと重みを感じます。

 

f:id:gokanno:20170203172833j:plain

 

そんなオマハでのタイトルマッチは、

この年のファイトオブザイヤーに選ばれました。

それくらいハイレベルでボクシングの素晴らしさを凝縮した試合ですね。

お互いにスピードがあって、パンチがある両雄の

絶えず緊張感がある中間距離での打ち合い。

 

f:id:gokanno:20170203172904j:plain

 

体格差でクロフォードが有利なようにも見えましたが、

勝敗を分けたのは、ディフェンスの精度の差だったような気がします。

ガンボアはパンチをかわす勘や当て勘が、持って生まれた才能なんでしょう、

本人もその才能を自覚しているせいもあって、

中盤以降ほとんどノーガードになってしまってました。

先にダウンを喫して打ち気に入っていたということもあるでしょうが、

テレフォードの正確なパンチをクリーンヒットされてしまい、

ダメージを蓄積してしまった感があります。

 

f:id:gokanno:20170203172935j:plain

f:id:gokanno:20170203172955j:plain

 

クロフォードは離れてよし、くっついてよしの

トータルファイターで非常にバランスもよく、

パンチもシャープ、そしてパンチをもらわない。と

この試合だけ見ると、穴が見当たらないですね(笑)

 

f:id:gokanno:20170203173119j:plain

 

テレフォードは前に出てくる選手が得意なのかもなので、

一流のボクサータイプの選手との試合がみてみたいものです。

階級の差がなければ、ロマチェンコとやってほしいですね。

 

f:id:gokanno:20170203173143j:plain

 

二人ともまともにパンチをもらわない神の領域のボクシングが見れそうです(笑)

まだクロフォードの試合を見たことないよという方はぜひぜひみてみてください。

今後のボクシング界をリードしていく選手の一人に間違いありません。(*´ω`*)

 

f:id:gokanno:20170203173202j:plain

Terence Crawford vs Yuriorkis Gamboa

今日のオススメ。

gokanno.hatenablog.com