読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ゴンザレスVSカルバハル(1)炎の逆転KO

www.youtube.com

 

 

f:id:gokanno:20160928004924j:plain

今でこそアメリカなどでも軽量級のビッグマッチが多くなりましたが、

当時の軽量級は全然人気ない感じでした。

それを変えたのがこの試合だったと言っても過言ではありません。

(この試合の前から二人は人気者でしたけど、一般層にという意味合いです)

WBCIBFライトフライ級世界統一戦で、

WBCのチャンピオンがウンベルトゴンザレス、

IBFのチャンピオンがマイケルカルバハルです。

初回から接近戦での打ち合いになって、ゴンザレスが前に出て、

カルバハルが迎え撃つ形になりました。

追い足が少し遅いカルバハルは望むところって感じだったんですかね^^

ゴンザレスとしては、中間距離での打ち合いは不利と考えて、

接近戦の戦術を取った形になったんでしょうね。

2回と5回にゴンザレスはカルバハルからダウンを取って、

パッと見た印象(採点も含む)はゴンザレスが圧倒しているように見えます。

カルバハルのパンチも単発ながらクリーンヒットしてますが、

押しているのは間違いなくゴンザレスだったと思います。

ただ、5回のダウンから少し流れが変わったように見えました。

それまでカルバハルは迎え撃つ体制で後手後手に回っていたのが、

2回目のダウンを喫したことで開き直った感じで積極的にパンチを出します。

右ストレートが大きく打っていたのがショートの右を使うようになり、

これがクリーンヒットすることが多くなりました。

急にショートの右を使われてゴンザレスもびっくりですよ。

5回はもちろん10対8でゴンザレスのポイントになってると思いますが、

ゴンザレスちょっと効いてる!?と思う場面もありました。

素人目で見ると、ゴンザレスもポイントでは圧倒的に勝ってるんだから、

打ち合わないで足使えば?なんて思っちゃいますが、

ひとつの試合で作った戦略、戦術、流れを急に変えることは難しいのかもしれません。

それに足使ったらというのは結果論でしかありませんしね(^_^;)

カルバハルの髪型もすごいですが、最後の左フックなんて凄すぎて

逆に打たれたいくらいですね(笑)猪木にビンタされたい感じと似た感情です。

ナイスファイトをしてくれた二人に心からの拍手を送りたい試合でした。

Michael Carbajal vs Humberto Gonzalez1