読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

30秒あっても立てない壮絶KO劇。

www.youtube.comWBA

WBCフェザー級タイトルマッチ

チャンピオンのルイシトエスピノサと挑戦者のアレハンドロゴンザレスの一戦です。

KOっていうのはそもそも壮絶なのですが(人が倒れる事自体、衝撃的です)

自分も素人ながら、たくさんのボクシングの試合を見てきましたが

この試合のノックアウトシーンはトラウマレベルで壮絶です。

倒れた瞬間、レフェリーは「30秒カウントしても起き上がれない」と思ったそうです。

躊躇なくストップしてましたから、ほんとにそう思ったんでしょう。

この時はまだジョー小泉さんがマネジメントをしていたので、

ルイシト小泉のリングネームで戦っていました。

ジョーさんが嬉しそうに解説してくれてます(*´ω`*)

首がねじ切れるようなと形容されてますが、言いすぎではないと思いました。

交通事故レベルの右ストレートですよ(笑)

この試合が発表された時には正直ゴンザレスが勝つだろうなんて思ってたもんですから

ほんとに驚いた記憶があります。

結果は地元のお客さんには残念だったかもですが、

試合内容もレベルの高い打ち合いでとっても見応えありますね( ´ ▽ ` )ノ

Luisito Espinosa vs Alejandro Gonzalez