読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

デラホーヤVSゴンザレス。これぞ世界のジャブ

www.youtube.com

f:id:gokanno:20160928032856j:plain

 

デラホーヤ、好きでしたね。と唐突な告白でブログスタートですが、

デビュー当時からWOWOWエキサイトマッチデラホーヤの試合をずっと

放映してくれたおかげで、デラホーヤの試合はリアルタイムで観ることができました。

チャベスに勝ったことも影響してかこの試合あたりから風格というか

貫禄が滲み出るようになってます^^

最初デラホーヤの印象というと、線の細いアマチュアエリートボクサーという感じで

あまり好きではなかったんですけど、毎試合ごとにぐんぐん成長するし、

毎回、強い選手と戦って勝っちゃうものですから( ´ ▽ ` )

結局私はどんどんファンになりました。

挑戦者はメキシコのミゲルアンヘルゴンザレスです。この日まで無敗で、

1階級下のWBCライト級のチャンピオンで10回も防衛している強者です。

ただ、最後の10回目の防衛戦のラマーマーフィー戦はちょっと疑惑の判定でした^^

とはいえ強いチャンピオンであったことは変わりません。

正攻法でパンチが強く、穴のない選手という印象です。

日本では東京三太というギャグみたいなリングネームで戦ってくれてました(笑)

今でいうところのホルヘリナレス級の評価を得ていたと思います。

この試合のみどころは、デラホーヤがボクサータイプで戦った

貴重な世界戦だったことです。(トリニダード戦もそうだったですか?)

 

f:id:gokanno:20160928032955j:plain

 

トレーナーが変わったことでスタイルを変えるのか?と思ったのですが、

「もっと打ち合ってお客さんが喜ぶような試合がしたい」と

勇敢野郎のデラホーヤらしいセリフで、次の試合からは

またトレーナーが変わり、好戦的になった記憶があります。(ちょっと曖昧です)

あのゴンザレスをほとんど左だけで完封してしまう、すごい試合です。

ゴンザレスが並の選手なら途中でパンチをまとめられて

TKOとなってしまいそうですが、ゴンザレスも最後までナイスファイトでした。

レッツゲットオン!のミルズレーンの減点はちょい厳しいかな?(^_^;)

とは思いましたが、世界のジャブを見せつけてもらった名勝負でした。

しかし、自分はジャブが好きですね。完全ジャブフェチです。

Oscar De La Hoya v s Miguel Angel Gonzalez