ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

チャベスVSデラホーヤ。1つの時代が終わる時

 

www.youtube.com

フリオセサールチャベスのタイトルに

オスカーデラホーヤが挑戦する形となった試合。

ULTIMATE GLORY

f:id:gokanno:20160928032516j:plain

 

究極の栄光と名打たれた伝説の一戦です。

チャベスはフランキーランドールに

判定負けはしていたものの、

この試合の時点では

まだまだ絶対王者な位置づけで、

デラホーヤは、

まだチャベスに勝てないんじゃないか?

と予想していた人が多かったように記憶してます。

自分自身も正直そう思ってました。

いざ始まってみると、

ハンドスピードや脚のスピードで

デラホーヤが圧倒してしまう展開でした。

 

f:id:gokanno:20160928032540j:plain

 

たしかに1Rでチャベス

不運にも左目ザックリ(((゜Д゜;)))と

流血してしまったことでベストな状態ではなかった

という意見もあると思います。

ただ、滅多に流血しないチャベス

バッティングでもないのに目を切る。

こういう勝負運を

ビッグマッチで引き寄せてしまうデラホーヤは、

ボクシングの神様に愛されているなと

素直に思ってしまいます(^_^;)

しかし、この頃のデラホーヤのジャブは神がかってます。

あのチャベスが踏み込みを躊躇して

懐に入れないんですから驚きです。

パンチだけではなく目のフェイントや

色々なテクニックもあるんでしょうけど。

チャベスがフランキーランドールに

初黒星を喫した時も、

チャベスの時代が終わったとは全然思わなかったですが、

このデラホーヤとの試合を見終わった時の感想は

チャベスの時代は終わってしまったのかもと、

私は思ってしまいました。

「新旧交代」の残酷さも

ボクシングの魅力であることは間違いありません。

寂しい気持ちにはなっちゃいますが(´;ω;`)

f:id:gokanno:20160928032442j:plain

 強かったチャンピオンの落日は

いつどのような形でも、切ないものです。

完全決着の再戦もお見逃しなく!↓↓↓

www.youtube.com

Oscar De La Hoya V Julio Cesar Chavez