読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ガメスVS小林、感動の世界タイトル奪取

www.youtube.com

日本人選手が世界タイトルを獲った試合はどの試合も嬉しくなります。

しかし、感動するところまで感情が揺さぶれた試合というのは

あまり多くはありません。

そんな私の中で、感動を覚えた数少ないタイトルマッチの一つが、

チャンピオンのレオガメスにセレス小林が挑戦した試合です。

もしもチャンピオンがガメスではなかったら、

ここまで印象的な試合にならなかったかもしれません^^

ガメスは何度も日本で世界戦をやり、その度に日本人選手を返り討ちにする

日本人キラーとして通っていました。

ガメスは4階級制覇している名選手なのですが、

なんだか最後まで過小評価されていた印象があります。

小柄ながら、長いリーチから繰り出す右ストレート、アッパーは特に強力で、

柔らかい上体からスムースに伸びてくるパンチは

普通なら届かないような位置からでも飛んでくるパンチだったみたいです。

この試合も日本の戸高秀樹をKOし獲得したWBAのスーパーフライ級のタイトルの

初防衛戦でした。当時の予想は割れていたように記憶しています。

セレス小林は前回の世界戦でマルコムツニャカオと大善戦の引き分けだったものの、

パンチ力、スピード、センスなど突出した強みがわかりずらいせいもあったのか、

こちらも過小評価されていた選手だったと思います。

セレス小林は昭和系ボクサーと言いますか、

20世紀型の最後の日本人世界チャンピオンだったのでは?という

仮説を立てたいくらいの努力と根性で世界のベルトをもぎ取った選手だったと思います

輪島功一ガッツ石松などの昔の名勝負の映像にセレス小林の試合が紛れていても、

違和感がゼロの予感がします(笑)(リスペクトの意味を最大限に込めて)

試合も一進一退の攻防で、最後の瞬間までどちらに転ぶかわからない

緊迫した熱戦でした。セレス小林が勝つにしても判定まではいくだろうと思っていた分

驚きと感動が増したというのもありますが、前回のツニャカオ戦の判定を聞いて、

自軍のコーナーでガックリと膝を落とすセレス小林の姿や、

今までガメスにKOされて夢が散った他の日本人選手の姿が脳裏に浮かんで

私はいつも以上に感動したんだと思います^^

レオガメス、セレス小林、両選手共大好きな選手でした。

Leo Gamez vs Celes Kobayashi