読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

レオガメスVSピチットチョーシリワット。逆転KO

www.youtube.com

大好きだったレオガメスの試合です。

この試合はガメスが八尋史朗にTKO勝ちして獲得した、

WBAライトフライ級タイトルの3度目の防衛戦で、

挑戦者はタイのピチットチョーシリワットです。

ピチットはこの時まだ18歳で8戦目だったみたいですね(((゜Д゜;)))

年齢も驚きですが、ボクシングスタイルがほぼ完成されているとこが凄いです。

フットワーク、速いコンビネーションで

ガメスに何もさせないままラウンドが続きます。

敵地でここまで一方的な展開だと焦って空回りしてしまいそうなとこですが、

ガメスは冷静にチャンスを伺っていたのかもしれません。

ガメスが長く世界のトップ戦線で活躍できたのは、

まずは勝負師としての勘が鋭く、いつどこで勝負するかを

ハッキリさせていたことだと思います。そして、いつの間にか自分のペース、

自分の距離で戦うことができるところも強みだったと思います。

感情的にならずに劣勢であっても冷静に試合を進める姿はキャリア晩年になっても

変わらなかった印象があります^^素晴らしい逆転KOでした。

Leo Gamez - Pichit Chor Siriwat

ピチットはこの試合の数年後、日本の山口圭司からタイトルを奪っていきました。

その試合もどーぞ^^

↓↓↓

www.youtube.com

Pichit Chor Siriwat vs. Keiji Yamaguchi