ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

エロイロハスVSバスケス。バスケス3階級制覇!

www.youtube.com

「あーあったあったこの試合」と懐かしく思い出した名勝負です^^

WBAフェザー級タイトルマッチ、チャンピオンのエロイロハス

ウィフレドバスケスが3階級制覇をかけて挑戦しました。

両選手共日本ではお馴染みといいますか、

ロハスは、淺川誠二や平仲信敏を退け、

バスケス横田広明葛西裕一、(ロハス戦の後の防衛戦で渡辺雄二も退ける)

二人の強さは日本のリングで嫌ってほど思い知らされてました(笑)

そんな両者の対戦ということで、

この試合は日本のファンの間でも注目度が高かったですね^^

年齢のことや体格のこともあり、戦前の予想ではロハスが有利だったと思います。

過小評価されていたと感じる名選手で思い出すのは、

ダニエルサラゴサ、マヌエルメディナ、レオガメス、

そして、このウィフレドバスケス。などなど思いつくのですが、

f:id:gokanno:20160916071559j:plain

f:id:gokanno:20160916071619j:plain

f:id:gokanno:20160916071633j:plain

f:id:gokanno:20160916071645j:plain

過小評価されていたから、防衛戦の相手に頻繁に選ばれたり、

チャンピオンになったあとも「こいつなら勝てる」的に思われ、

挑戦希望者があとを絶たない(笑)

過小評価されていたからこそ、2階級3階級制覇だったり、

何回も王座へ返り咲くことがあったんだと思います。

当然みんな実力があって強いんですけど、

なぜか実力を低く見積もられていた感は否めません。

パッと見弱そうってことですかね(*゚∀゚*)

レオガメスはタクシーの運ちゃんにしか見えないですし(笑)

エロイロハスも、この試合がラスベガスデビューだったこともあり、

体格差のあるバスケスをパワーで押し切って、いい勝ち方を見せようと

欲が出てしまった試合に感じます。

唯一7ラウンドにみせたアウトボクシングをもし1ラウンド目から一貫していたら

結果は違ったかもしれません。ただ、この日のバスケスはめちゃ強いバスケスでした。

バスケスは試合によってムラがあるタイプだったのでこういう表現になります(^_^;)

いわゆるレノックスルイスのスタイルです。(わかる人だけわかって下さい。)

特に最後のコンビネーションの詰めの厳しさ(((゜Д゜;)))

マットに沈むとはこのことだ。という衝撃のKOシーンになりました。

調子が良い時のバスケスは、ほんとに手がつけられない選手でしたね^^

Eloy Rojas vs Wilfredo Vazquez