読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ホルヘリナレスVSケビンミッチェル。敵地で逆転KO

www.youtube.com

f:id:gokanno:20160927033329j:plain

ホルヘリナレスが3階級制覇したタイトルの初防衛戦です。

挑戦者はイギリスのケビンミッチェル。ハンマー野郎です(笑)

リナレスの試合は、リナレスが打たれ脆いというバイアスがかかって見てしまうため、

いつもスリリングに感じてしまいますね^^

5R、リナレスはダウンしますが、過去のKO負けの経験が活きているのか、

すごく冷静に対処しているように見えました。

f:id:gokanno:20160927033557j:plain

一度起き上がろうとして、やめて、からの正座!(((゜Д゜;)))

な、慣れてる。といった感じでしょうか。

敵地のリングでダウンを取られて冷静でいられるのは非常に難しいと

素人の私なんかは思ってしまうのですが、さすがですね。

(特にイギリスの地元選手の応援は凄まじいです( ̄▽ ̄;)

この状況下で冷静な対応。リナレスの精神力のタフネスには天晴れです。

この試合、逆転KOという扱いになってしまうとは思うのですが、

各ラウンドのポイントは別にしても、主導権はリナレスが取り、

終始コントロールしているように見えました。

ミッチェルとしては、ダウン直後にもっとダメージを

与えたいとこだったと思うんですが、ミッチェルの作戦としては、

おそらくリナレスが踏み込んで来たときにカウンターを合わせる。

というのが基本戦略だったように思えます。

ので、リナレスのダウン直後も見てしまった感がありました。

あーでも、手応えのあるパンチで倒したわけではないから、

ダメージの深さを観察したとも思えます(^_^;)

あとは、リナレスはカウンターが得意なので、それの警戒もあったのでしょう。

ここら辺の心理戦でもリナレスが上回った感じです。

ダウン後に逆にミッチェルを追い込んで強めのパンチを打ち込んで、

ダメージはなかったアピールに成功しています。

ここら辺が勝負の分かれ目だったと感じました。

最後のラウンドになったリナレスのラッシュは、

ハンドスピードをフル回転させたデラホーヤそっくりのラッシュでした。

リスペクトの表れか、入場時にアゴをカチカチする仕草もマネてますから、

相当好きなんでしょうね^^

両者の駆け引きが光る、名勝負でした( ´ ▽ ` )ノ

f:id:gokanno:20160927033805j:plain

Kevin Mitchell vs Jorge Linares