ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ルイスVSラドック。ラドックが壊された日。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161006161646j:plain

 

前回の記事で、

リフィールドVSボウの3試合を書いてきましたが、

ちょうど同じ時期に

レノックスルイスVSドノバンラドックの

忘れがたい試合もありました。

タイソンが刑務所に収監され、

ヘビー級はまさに戦国時代

と言われた時期でもありました^^

リフィールド、フォアマン、マイケルモーラー

リディックボウ、トミーモリソン

そして今日の試合の二人、

レノックスルイスとドノバンラドック。

主役のタイソンは不在とはいえ、

スター性のある役者が揃っている時代でした。

2016年現在では

この試合はレノックスルイスが勝つでしょ、

という感覚ですが、

当時はドノバンラドックが実力では最強と思われていて、

リフィールドやボウ、

そしてレノックスルイスよりも評価されてました。

あのタイソンと20R近く戦って

大善戦だったことも評価を上げた要因でした。

なので、ルイスとの試合も

ルイスの地元イギリスでの試合にも関わらず

ラドック有利というのが大方の予想でした。

リングに上がってからのラドックの表情を見ても、

自信満々です。www

「オレはタイソンにも善戦したから、

オマエには負けるわけない」的な、

もはや自信満々を通り越して

ルイスをおちょくり気味に振舞ってますね( ̄▽ ̄;)

この姿がこの後の悲劇のわかりやすいフラグというか、

伏線になっております(笑)

 

1R終了間際、

ルイスの強烈な右ストレートがラドックのテンプルに命中します。

試合はこの一撃で決まったと言っていいですが、

ラドックの選手生命も

ここで終わったと言って

過言ではありません。

 

f:id:gokanno:20161006161719j:plain

 

このKO負けの後、

あのタイソンにもKOされなかった打たれ強い、

タフなラドックを見ることはもうありませんでした。

この試合のダメージなのか、

急激に打たれもろくなり、

ヘビー級の世界チャンピオン間違いなしと言われていた

ラドックは結局無冠のまま

キャリアを終えることになります。

(去年50歳を過ぎてカムバックしましたが(^_^;)

レノックスルイスはその後、

絶対王者の地位を獲得し、

チャンピオンのまま引退するなど、

華やかなキャリアを歩みました。

ラドックはすごく好きな選手だっただけに

本当に残念です。

 

f:id:gokanno:20161006161743j:plain

 

ジョー小泉氏のエキサイトマッチの解説でも、

「もしあの右ストレートを

あそこまでまともに食わなければ、、、」

といった解説がありましたが、

ボクシングに「もし」は禁物なのですが、

もしラドックが勝って

リディックボウやホリフィールドと戦ったら?

とか想像すると、

観てみたかったなぁというのが本音ではあります。

明と暗がはっきりくっきりと交錯した、

ヘビー級の歴史に残る名勝負でしたね(*´ω`*)

 

Lennox Lewis vs Donovan Ruddock