ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

徳山昌守VS曹仁柱。海外防衛、衝撃の右ストレート

 

www.youtube.com

 

 

f:id:gokanno:20161021163347j:plain

 

絶妙に懐かしいところをついていく感じの当ブログですが(笑)

今日も懐かしの名勝負です^^

徳山昌守VS曹仁柱のリマッチ、第2戦です。

初戦はチャンピオンの曹仁柱に徳山が挑戦して判定勝ちを収め、

再戦という形となりチャンピオンの徳山に曹仁柱が挑戦した試合ですね。

曹仁柱はジェリーペニャロサからタイトルを奪ったテクニシャンです。

ジェリーペニャロサと言えばこの日の解説席にもいる、

 

f:id:gokanno:20161021163722j:plain

ペニャロサでか!

 

f:id:gokanno:20161021163743j:plain

川島元チャンピオン

 

川島郭志からタイトルを奪ったテクニシャンです。

そして徳山は歴代の日本の世界チャンピオンの中でも屈指のテクニシャンということで

テクニシャンだらけの一戦ということになります。いや、違うか(笑)

徳山と曹仁柱はタイプも体格も似ていて、戦い方まで似ている珍しい組み合わせです。

お互いボクサータイプで脚を使って距離を取り、ジャブジャブ。と

世界レベルのいわゆる「ボクシング」を身上としたスマートなボクサー同士です。

ジャブ好きの私にはたまらない戦いだったわけです(*´ω`*)

徳山は現役当時からフェイントがすごく上手いと言われてました。

特に目のフェイントが凄いという話を何かの記事で読んでから

目にも注目するようになりました。そうやって見てみると、

徳山のパンチはよく当たるなぁ、と思っていた謎が解けた感じもありました。

まぁこれは、焼き肉などを食べる前に

「これは○○産の名門牛で、一頭で3キロしか取れない希少部位なんです」

なんて説明されたら余計に美味く感じるわ!という類ですけどね(笑)

しかし最後の右ストレートは凄いですね。戦慄です。

 

f:id:gokanno:20161021163854j:plain

 

よっぽど手応えがあったのか、曹が立ってこないことを確信しているようです。

全盛期の中日の今中投手がキャッチャーミットにボールが届く前に

もうセンターの方を振り返ってる的な動きです!(古いか)

 

f:id:gokanno:20161021163914j:plain

今中投手です(笑)

 

徳山選手はアウトボクシングというか、

負けないボクシングをすることが多かったせいもあり、

KOは比較的少ないのですが実はパンチ力があるんだね!と思い知らされました。

巧さもさることながら徳山の強(したたか)さは

日本の歴代チャンピオンの中でも随一だと思います。

またこういうアウトボクシングの上手い選手が出てきて欲しいですね( ´ ▽ ` )ノ

徳山昌守VS曹仁柱 2戦目