読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

小林光二。王座奪取と壮絶な陥落。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161025011219j:plain

 

1984年の世界タイトルマッチなので、ずいぶんと昔の試合ですが(笑)

小林光二はチャンピオンになってから

在位期間が3ヶ月くらいの短命チャンピオンでした。

短命だったせいもあり、歴代の日本の世界チャンピオンの中でも

少々存在感が薄い印象がありますが、この二つの世界戦は、すごく興奮します。

セデニョに浴びせた左ストレート、ダウンを取ってからの詰め。

もし防衛を伸ばせていたら人気あるチャンピオンになってたんだと思います。

80年代のイケメンって感じもしますしね^^

 

f:id:gokanno:20161025011244j:plain

 

Koji Kobayashi KO2 Frank Cedeno

 

んで、こちらが陥落した初防衛戦です。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161025011306j:plain

 

ガブリエルベルナルというメキシコの挑戦者で、当時の1位だったので

指名挑戦だったんですかね。

ちなみにベルナルはチャンピオンになった後の防衛戦で、

タイのソットチタラダに敗れて陥落しています。

「あのチタラダの時代なのね」と背景も浮かび上がってきますね(*゚∀゚*)

ソットチタラダは長期政権を築きますが、

同じタイのムアンチャイキティカセムにKOされてタイトルを失います。

そのムアンチャイも長く防衛しましたが、勇利アルバチャコフ(当時はユーリ海老原

にKOされてタイトルを失い、その後勇利は防衛を重ねましたが、

またタイのチャッチャイダッチボーイジムに判定で敗れて引退します。

そのチャッチャイからタイトルを奪ったのがあのマニーパッキャオです!

と完全に話脱線しましたが、歴代チャンピオンを紐解いていくのが

ボクシング好きにはたまらないわけです(笑)

そのチャッチャイとパッキャオの試合はこれ。

 

gokanno.hatenablog.com

 

話を小林光二に戻します。最後のKOシーンは強烈でした。

マットに沈むとはこのことだ。という感じです。

 

f:id:gokanno:20161025011346j:plain

 

昔、何かのボクシング雑誌に書いてありましたが、

この試合が原因なのか、小林選手はパンチアイになってしまった。

と書かれていた記憶があります。(真偽のほどは定かではありませんが)

2回KOでチャンピオンになり、2回KOで陥落。

とても印象に残る試合と思いますのでぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Gabriel Bernal KO2 Koji Kobayashi