ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

薬師寺VS辺丁一①疑惑の判定?再検証

www.youtube.com

「新チャンピオン薬師寺!」のコールに、

正直に言うと「え?マジで?」というのが感想でした(((゜Д゜;)))

もちろん日本人選手が勝ったのは嬉しいんですけどね(笑)

自分の採点では、

辺丁一が取ったラウンドが、

②③⑤⑥⑧⑨⑩⑪

薬師寺が取ったラウンドが

①④⑦⑫

116-112で辺丁一の勝ちと思いました。

1R目から激しい主導権争いがあり、序盤はペースはどちらのものでもない感じでしたが

中盤に入ると辺丁一がリングジェネラルシップを握りはじめます。

薬師寺の方が長身でリーチもあり、体格差もスピードも優っているように見えて、

なかなかリードジャブが当たらなかったり、辺の巧みなボディーワークとクリンチで

空転させられてる印象でした。

アウトボクサーにファイターが空転するのはよく見ますが、

ボクサータイプの選手がなかなかパンチ当たらないという珍しい絵です。

それだけ辺は技巧派だったことは間違いありません^^

韓国の選手はブルファイターが多いと思うんですが、

辺は独特のボクサーファイタータイプで、しかもサウスポーという(笑)

いかにもやりにくそうです(ーー;)薬師寺の戸惑いも仕方なかったと思います。

この試合以降、薬師寺は強いチャンピオンになっていきますが、

この時はまだボクシングが直線的すぎて辺にうまくごまかされてしまった。

という感じでしょうか、薬師寺は最後まで距離感を掴めないで

もどかしそうです。それでも薬師寺は堅実なボクシングに終始して、

最後まで闘志が衰えることなく果敢に攻めて勝利をもぎ取りました。

微妙な判定とはいえ勝ちは勝ちですもんね(笑)

ボクシングは乱暴な言い方をすると、どこか

 

勝ちゃあいいんだよ、勝ちゃあ。

 

みたいな要素があることは否定できません!(笑)

苦しい試合で勝利をする薬師寺の勝負強さみたいなものが

やっぱりチャンピオンになる人間のいわゆる持っているものなのでしょう。

もちろんそんな理屈を辺にとってはふざけんな!でしょうけど(笑)

辺丁一はオリンピックの判定が納得いかなくて座り込みをしたとかありましたね。

なんか、ツイてないですね( ̄▽ ̄;)

判定の結果はともかくとして両者の駆け引きや手数の多さ、

12回まで全然飽きずに見れる好試合でしたね( ´ ▽ ` )ノ

でも地味な対決だし、

昔の試合すぎて画像検索したら写真が全然ない!!(笑)

しょうがないから、そのオリンピックの辺丁一の座り込みの画像三連発。

f:id:gokanno:20161027012351j:plain

f:id:gokanno:20161027012401j:plain

f:id:gokanno:20161027012414j:plain

 

この薬師寺戦でもやってほしかったですね(*゚▽゚*)

これが噂の的な。

Byun Jung-il vs Yakushiji Yasuei I (邊丁一 vs 薬師寺保栄)