読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ジャクソンVSマクラレン②初回KOで完全決着

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161101000624g:plain

f:id:gokanno:20161101000638j:plain

リマッチは勢いの差が出て、あっけない幕切れとなりました。

クラレンは初回KOがめちゃめちゃ多いとはいえ、

あのジュリアンジャクソンをここまで一方的にKOするとは、

正直言って予想外でした(((゜Д゜;)))

 

f:id:gokanno:20161101000703j:plain

 

この試合を見終わったあと、マクラレンの時代が到来したと誰もが思ったと思います。

それこそパウンドフォーパウンド最強レベルの話です。

それが、あの悪夢のナイジェルベン戦でマクラレンは廃人になってしまうのです。

ベンに悪気はなかったとはいえ、後頭部へのラビットパンチを繰り返したこと、

それを注意しなかったレフェリーの裁定。私はあの試合が大嫌いです(`・ω・´)

ナイジェルベン戦がもしなかったら、マクラレンは歴史に残る名ボクサーとして

もっともっと語り継がれるようなボクサーだったに違いありません。

名トレーナーのエマニュエルスチュワートも

「マクラレンは今まで見てきたボクサーの中で一番才能がある」

と言われてたみたいですしね^^

またあしたのジョーネタで恐縮ですが、

カーロスリベラがホセメンドーサにKOされて廃人になってしまった

あの姿を思い出してしまいます。

 

f:id:gokanno:20161101000738j:plain

f:id:gokanno:20161101000754j:plain

 

特に矢吹VSハリマオ戦の試合後の控え室での矢吹とカーロスのやり取りには

涙を禁じえません(´;ω;`)

 

www.youtube.com

(速攻で泣ける)

f:id:gokanno:20161101000814j:plain

 

 

強かった日のマクラレンをみるといつも切なくなってしまいます。

一ファンとしては悲しい事故が起こらないことを願うばかりです。

とは言え、ストップが早すぎると、まっ先にブーブー言っちゃうんですけどね。

そんな自分を反省したくなるマクラレンへの想い。(やかましいわ!)

Gerald McClellan vs Julian Jackson II