読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ロイジョーンズVSトニー。この速さは反則レベル。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161107203248j:plain

 

ボクシングはスピードが一番大事なんじゃ?と感じてしまう試合でした。

最近のエキサイトマッチでもジョーさんが、

「最近のボクサーはとにかくハンドスピードをつける練習してる」

と言ってましたが、

このロイジョーンズやフロイドメイウェザーが先駆けとなって、

現在のボクシングのトレンドを形成したように思います。

10ポイントマストという採点基準を考えても、

手数が少なくて、重たいパンチを振るよりも、

クリーンヒットしてダメージを与えることより、

軽くでもいいから、相手にジャブや手打ち気味の素早いコンビネーションを

与えたほうがポイントを稼げる=勝ちやすくなる。

ということで、スピード重視のボクシングが流行るのも無理はないです^^

 

f:id:gokanno:20161107203316j:plain

 

もちろんロイジョーンズは速いだけでなくパンチ力もあったので

KOする試合も多かったですし、全盛期は手がつけられない強さを誇ってました。

ジェームストニーもこの頃の評価が一番高く、

この試合は当時のパウンドフォーパウンド最強決定戦くらいの勢いがありました。

蓋を開けてみたらここまで一方的な試合となってしまいましたが(^_^;)

戦術や戦略などが入る余地もないくらい両者のスピードの差が歴然としてました。

新幹線と各駅停車のようなスピードの差です。

 

f:id:gokanno:20161107203342j:plain

 

f:id:gokanno:20161107203408j:plain

 

これはもう全然追いつけない(笑)

 

ほとんど誰にも触れさせない頃のロイジョーンズに、単発ではあるものの、

数回クリーンヒットさせたトニーの当て勘は逆にすごいですけどね。

もう少しロイが打ち合ってくれたらなぁーな感じですけど、

こればっかりは勝負の世界なので仕方ありませんね(´;ω;`)

 

f:id:gokanno:20161107203940j:plain

 

ここからロイジョーンズは最強伝説を作り、押しも押されもせぬ存在になりました。

トニーは一時的に低迷はしましたが、ヘビーまであげてホリフィールドを撃破したり、

4階級獲りをしてみたりとさすがのキャリアを歩みました。

歴史が動いた名勝負なのでまだ未見の方はぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Roy Jones Jr. vs. James "Lights Out" Toney