ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

鬼塚VS松村。熱い初防衛、槍のような左。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161214020900j:plain

 

父親に連れられて、日本武道館で観戦した思い出の試合です^^

当時高校生だった私のヒーローは矢吹丈鬼塚勝也でした。

部屋には鬼塚のポスターを貼り、

あしたのジョーのビデオを何度も繰り返し見る、

そしてリングジャパンで売られていたボクシングのビデオを買い漁る、

お小遣いをほぼ全てボクシングにつぎ込むという狂った青春時代でした。

 

この試合は、

タノムサクシスボーベーとの王座決定戦で判定勝ちした鬼塚の初防衛戦でした。

疑惑の判定とか色々言われてましたが、当時は10ポイントマストシステムが

日本国内でそれほど浸透していなかったことも、あれだけの騒ぎになってしまった、、

と書きたいとこでしたが、亀田VSランダエタ戦でも判定の物議が出てましたね。

 

f:id:gokanno:20161214021409j:plain

 

この前のエキサイトマッチで、ジョーさんが10ポイントマストを

日本タイトルマッチでもノンタイトルであっても採用すべき、

10ポイントマストを常に意識していないと世界戦の時に戦略を間違えると

おっしゃられてましたが、激しく同意します。

今だに民放のボクシングの解説で○○さんの採点は10対10のイーブンです。

とか聞くと、口半開きになります。

解説者がルール知らねぇじゃねぇかと。(笑)

・有効なクリーンヒット(いかに相手にダメージを与えたか)

・攻勢(ただ突進するだけではなく、手数を出しているか)

・ディフェンス(攻撃に繋がるような防御技術か)

・リングジェネラルシップ(主導権はどちらが取っているのか)

 

最近は改善されてる部分も多いようですが、判定での問題が持ち上がるたびに、

批判している中でどれだけの人がボクシングの採点基準に精通しているのだろうかと

思うところ、正直あります。しかもその批判がジャッジにではなく、

選手に向けられてしまうのも、ボクシングファンとして心底悲しくなります。

と、完全に脱線しましたが!(*゚∀゚*)

 

挑戦者の松村謙一はこれが4度目の世界挑戦でラストチャンスと言われてました。

(本名は謙二だったと思うんですが、

二というのが縁起が悪いから一にしたみたいな話があったと思います。)

過去三回の挑戦はカオサイギャラクシーに2度、文成吉に敵地韓国で挑戦。

強いチャンピオンが相手だった不運もありました。

鬼塚が苦戦したタノムサクにも東洋太平洋タイトルマッチで、

松村が判定で勝利していたことも話題になってましたね^^

今では日本人同士の世界戦は頻繁に興行される時代になりましたが、

鬼塚VS松村の日本人同士の世界戦は、7年ぶりくらいだったみたいです(((゜Д゜;)))

松村は学校の先生だったんですよね?たしか。

松村さんに試合会場でサインを求めたら、快くサインしてくれて

めちゃ感じがよかったので、心では鬼塚を応援しつつも、

少し複雑な気持ちで観戦していた記憶があります。

直接会ってしまうと、ファンになってしまうとかあります(笑)

現代ボクシングのスピードに慣れているので、

今見ると鬼塚はどうなんだろうと訝しげに動画をみましたが、

鬼塚の左のリードめっちゃ速い(笑)

 

f:id:gokanno:20161214021143j:plain

 

今でも日本チャンピオンくらいなれんじゃないかとずっと思われてる鬼塚さん

あ、やっぱ速いのね(^_^;)と納得しました。

松村もコンディションがよくパンチもキレてましたが、

この鬼塚の左には、ほとんど反応できなかったですね。

ちなみに、会場は鬼塚ファンの女性が多かったですが、

思いのほか、松村の応援も多かったです。

野郎は松村を応援したくなりますかね^^

それにしても、鬼塚の入場の時の曲は

いつでもかっこよかったですね( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:gokanno:20161214021203j:plain

Katsuya Onizuka - Kenichi Matsumura