読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

フレイタスVSコラレス。コラレス2階級制覇!

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170105225013j:plain

 

当時無敗のライト級チャンピオン、アセリノフレイタス

スーパーフェザーのチャンピオンでもあった、

ディエゴコラレスが挑戦した試合です。

フレイタス有利と見られていた試合でしたが、

コラレスは3度のダウンを奪って、

フレイタスをギブアップさせました。

それにしても、、、

一つ下の階級とは思えないほど、

コラレスは大きく見えます(((゜Д゜;)))

フレイタスはヒット&ラン作戦で、

脚を使っていましたが、コラレスのプレッシャーは、

相当きつかったんじゃないかと思いました。

 

f:id:gokanno:20170105225052j:plain

 

それでも、前半から中盤にかけて、

フレイタスは作戦通りに展開していました。

距離を取って、いきなりの右、ワンツー。

コンビネーションをクリーンヒットさせて、

ポイントを取るボクシングをしていました。

 

f:id:gokanno:20170105225119j:plain

 

ただ、その代償として、腰の入ったパンチを打ち込めず、

コラレスにダメージを蓄積させることはできていない、

そんな印象でした。

コラレスコラレスで、脚を使われて

自分のパンチがなかなか当たらない状況でも、

焦らずに淡々とプレッシャーをかけ続け、

一瞬のスキを見逃さないような集中力を見せていました。

 

f:id:gokanno:20170105225141j:plain

 

ここら辺が一流のチャンピオン同士の対戦って感じです^^

終始ピリピリする緊張感の中での神経戦、

たまんないっすね(*゚∀゚*)

コラレスが奪った最初のダウン、

そして、2度目のダウン。

フレイタスはマウスピースを吐き出して、

立ち上がった後に、自分のコーナーでマウスピースを入れ直す。

(2度目は減点されていましたが)

いわゆる時間稼ぎとも言える行為をしました。

後に、伝説の逆転KOと言われる、

コラレスVSホセルイスカスティージョ戦で

コラレスはダウンした後にマウスピースを吐き出して、

時間稼ぎをして、試合後に論議を巻き起こしましたが、

フレイタスの真似だったんかい!!!

と思いました。

オレもやってみよ^^

とか思ったんですかね(笑)

フレイタスは2度目のダウンを取られて、

減点を取られた時点で心が折れてしまった感じでしたね。

コツコツとポイントを取るボクシングをしていた分、

嫌になっちゃったのかもしれません。

残念ながらノーマスで終わってしまいましたが、

高次元の打撃戦、ぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

コラレスは、

29歳でバイクの交通事故で亡くなってしまったみたいです。

残念す・゜・(ノД`)・゜・

 

f:id:gokanno:20170105225335j:plain

Diego Corrales vs Acelino Freitas