ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

マッキニーVSジョーンズ。逆転のクロスカウンター

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170112002757j:plain

 

「オレはマッキニー」エキサイトマッチジョーさんの

ダジャレでも有名だったケネディマッキニーと、

ポイズン(毒)の異名を取った、

チャンピオンのジュニアジョーンズとのタイトルマッチです。

ポイズンというと、言いたいことも言えないこんな世の中と

歌いだしたくもなりますが(*゚∀゚*)

 

f:id:gokanno:20170112002904j:plain

 

この日のジュニアジョーンズは唄う余裕はなかったですね( ̄▽ ̄;)

マッキニーの強烈なカウンターでダウンし、

立ち上がったものの、もう真っ直ぐには歩けないほど、

深刻なダメージを負ってしまっていました。

 

f:id:gokanno:20170112002934j:plain

 

ジョーンズは元々打たれもろい選手ではありましたが、

マッキニーのパンチの強さを物語るシーンだったと思います。

マルコアントニオバレラに勝ってチャンピオンになった、

ジョーンズ、マルコアントニオバレラに敗れたマッキニー。

そのマッキニーがジョーンズに勝ってしまう。

ジャンケンのような三角関係ですが、

ボクシングはタイプの相性や噛み合わせによって、

AよりBが強いから、BはCより強いみたいな、

単純な話にならないところも、おもしろさの一つですね^^

 

f:id:gokanno:20170112003008j:plain

f:id:gokanno:20170112003024j:plain

 

この試合はマッキニーのベストバウトだったのではないでしょうか。

マッキニーは3Rにダウンを喰らい、一見追い詰められているように見えて、

実はコツコツとカウンターを浴びせて、

3R終了時に、ダメージをより多く受けたのは、

チャンピオンのジョーンズだったように見えました。

マッキニーのダウンは、ジョーンズに攻めさせるための作戦だった?

と深読みしたくなるほど、

マッキニーのしたたかさを感じる試合でもありましたね。

 

f:id:gokanno:20170112003055j:plain

f:id:gokanno:20170112003306j:plain

 

それと、どうでもいい感想ですが、

なんとなく、マッキニーは友達が多そうだなとも感じました(笑)

あのやんちゃな少年の笑顔ですかね。

逆転野郎のケネディマッキニーのKO劇、

ぜひぜひ見てみてください。( ´ ▽ ` )ノ

 

Kennedy McKinney - Junior Jones

----------------------------------------------------------------------------

意外に、テリーノリスの記事が人気です。(笑)

 

gokanno.hatenablog.com