ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ブリーランドVSスターリング①精密機械と雑草

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170117173656j:plain

 

最近エキサイトマッチの中で、ジョーさんが

マークブリーランドとマーロンスターリングの試合の話を

していたので、今日はこの試合です(笑)

(両者のトランクスが赤と青にキレイに分かれてますが、

新人王の東西決勝ではありません。)

チャンピオンのブリーランドは

オリンピックで金メダルを獲得するほどのいわゆるエリートボクサーでした。

スターリングは、、、

えっと、スターリングさんはどうだったんでしょうか(。-∀-)

正直あんま知らないんです(*゚∀゚*)

 

f:id:gokanno:20170117173727j:plain

 

プロでの叩き上げで、雑草のような選手ってイメージですが、

イメージ先行の、私の思い込みなのでしょうか!

しかしながら、

正攻法のブリーランドに対して、変則のスターリングという構図は

間違いありません^^

日本でいうところの、沼田VS小林戦みたいな感じでしょうか。

 

f:id:gokanno:20170117173935j:plain

 

古すぎて、こちらも全然ピンときませんね(^_^;)

ブリーランドとスターリングの両雄と拳を交えたのが、

日本の侍、尾崎富士雄選手でしたね。

日本人でウェルター級の世界のベルトに唯一肉迫したのは、

今のとこ尾崎選手だけですね(*´ω`*)

 

f:id:gokanno:20170117173957j:plain

 

さて、

試合のほうですが、

スターリングの取った作戦、戦術。

どのようにブリーランドのスタミナを削り、疲労させ、

精神的にも疲れさせるか。を

試合前からずっと考えていたんだろうなという

見事なダーティーファイトでした。

 

f:id:gokanno:20170117174016j:plain

 

エリート野郎に勝つために、

オレは手段は選ばないという決意を感じます(笑)

最後のKOシーンも圧巻です^^

ジョーさんが例え話に振り返りたくなるのも頷ける試合です( ´ ▽ ` )ノ

Marlon Starling vs Mark Breland