ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

リマッチ!浜田VSアルレドンド。浜田引退試合

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170120162812p:plain

f:id:gokanno:20170120162848p:plain

 

1RKOでタイトルを獲った浜田さん。

今でも伝説の試合で、事あるごとに目にします。

両国国技館の座布団の嵐が目に焼きついてます^^

(その1戦目はこちら ↓↓)

gokanno.hatenablog.com

 

そのタイトルを獲ったレネアルレドンドとの再戦です。

今回のアルレドンドは浜田をよく研究していたみたいで、

浜田が飛び込んでくるとこに、

左フック、アッパーをカウンターで合わせて、

それが見事に命中してしまいました。

序盤で傷を負ったことも、浜田にとって不利になりましたが、

浜田はプレッシャーからか、身体が硬くなっていた1Rから

アルレドンドの強打をクリーンヒットされ、

見た目以上に効いていた印象を受けました。

 

f:id:gokanno:20170120162953p:plain

 

2Rのアルレドンドの逆ワンツーは浜田も効く&驚くで

戸惑いの表情を浮かべていました(((゜Д゜;)))

浜田は見るからに耐久力がありそうで、

タフなイメージです。

ダウンをする場面をあまり想像できない選手だったので、

観戦している側も、浜田がパンチをもらっても、

どことなく変な安心感を持ってしまいがちだったと思います。

そんな幻想は一瞬で崩壊するのがボクシングであります(*゚∀゚*)

 

f:id:gokanno:20170120163145p:plain

 

話は逸れますが、

坂本博之と畑山の世界戦でも、坂本がどれだけ打たれても、

ダウンシーンは想像していなかっただけに、

あのKOシーンはショッキングでした。

チャベスがランドールにダウンを喰ったシーン、

マイクタイソンが東京ドームでダグラスにKOされたシーン。

頑丈で屈強なファイタータイプが倒れる場面は

いつも衝撃的なのでは?という仮説がたちました(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170120163231j:plain

 

レフェリーは、好きだったジョーコルテスさんでした。

昔からストップのタイミングが絶妙でしたが、

この試合のストップも秀逸だったと思います。

浜田さんはいつもエキサイトマッチで拝見して、

大好きな人物だけに、この試合は悲しくなりますが

アルレドンドの戦略と戦術が見事にハマった、

ボクシングの魅力が詰まった「再戦」ですので、

リマッチが好きな方はぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

浜田さんお疲れさまでした!

 

f:id:gokanno:20170120163407j:plain

リマッチ好きはこちらがオススメ。

gokanno.hatenablog.com

Rene Arredondo VS Tsuyoshi Hamada 2