ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ウィラポンVSコナドゥ。ウィラポン壮絶KO負け。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170124202006p:plain

 

辰吉、西岡、長谷川と日本人選手と

たくさん名勝負を演じてくれた、

タイの英雄ウィラポンナコンルアンプロモーションの

キャリア初期の試合です。

初期とはいえ、

ウィラポンは4戦目で世界タイトルを奪取。

このナナコナドゥ戦は初防衛戦でした。

ウィラポンは、

ムエタイでのキャリアが豊富だったこともあって、

世界挑戦が早かったんだと記憶してます。

ナナコナドゥも

ヒルベルトローマンからタイトルを奪った名選手で、

韓国の文成吉との2度の激闘。

スピードがあるボクサーでした。

ただ、この試合はウィラポンの地元のタイで、

ウィラポンはこれから売り出しの

勢いある選手だったのに対して、

ナナコナドゥは若干昔の選手かな?感は

否めなかったこともあり、

ウィラポン有利の予想に傾いていました。

しかし、ナナコナドゥのスピードとパンチのキレは

全盛期そのもののようでした。

国際式(ボクシング)のキャリアが

5戦目のウィラポンと経験の差もあったのか、

一瞬のスキを見逃さずに、

ナナコナドゥの右のカウンターが炸裂しました。

 

f:id:gokanno:20170124202048p:plain

BOOOOOOOOOMB!!!!!!!!!

 

ウィラポンのKO負けというと、

長谷川穂積との第2戦のイメージが強烈でしたが、

このナナコナドゥ戦のダウンシーンの方が、

実はかなり強烈です。

ウィラポンはこの敗戦を糧に、

その後連戦連勝を重ね、

我らが辰吉丈一郎に引導を渡す選手へと

成長していきました。

そして、安定王者となり

タイではあのカオサイギャラクシーと

並ぶ英雄になったと言われています。

 

f:id:gokanno:20170124202201j:plain

じゃなくて、

f:id:gokanno:20170124202222j:plain

はい(*゚∀゚*)

 

逆算的に、そのウィラポンに鮮やかに勝利した

ナナコナドゥは

マジで強い選手だったのだなと

再確認せずにはいられません。

 

f:id:gokanno:20170124202301j:plain

 

めちゃハイレベルな打撃戦ですので、

ぜひぜひ見てみてください。( ´ ▽ ` )ノ

最近よく読まれているのはこちら ↓↓↓

gokanno.hatenablog.com

Nana Konadu | Veeraphol Sahaprom