ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ドネアVSダルチニアン①。アップセットオブザイヤー

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170208223141j:plain

 

2007年度のリングマガジンの

ノックアウト、アップセットの両部門でオブザイヤーに輝いた

ノニトドネアの出世試合です。

 

f:id:gokanno:20170208223658j:plain

 

当時のビックダルチニアンは実力、評価共に高く

まだ無名だったドネアが勝つとは誰も予想していなかったですが

スターは突如センセーショナルに現れる、

劇的な戴冠劇の例にドネアも漏れることなく、

この試合をきっかけにスターダムに踊り出ました。

※こちらはセンセーショナルなトリニダード

gokanno.hatenablog.com

 

ドネアのニックネームはフィリピーノフラッシュですが、

言い得て妙なニックネームですね(*´ω`*)

最後のカウンターは、”バチン”という音と共に

ダルチニアンをリングに沈めました。

 

f:id:gokanno:20170208223642p:plain

BANG!!!

ライフルで頭を打ち抜かれたような衝撃音で、

ダルチニアンが倒れた瞬間に、

ダルチニアンのセコンドがリングに駆け上がろうとしています。

もう立てないことが当たった瞬間にわかってしまうほどの

強烈なパンチでした。

フィリピンと言えばマニーパッキャオですが、

パッキャオもマルコアントニオバレラにセンセーショナルなTKO勝利で

スター街道を歩んだプロセスがドネアと被るものがあります。

最近のドネアは精彩を欠く試合の多いと感じてしまうのも、

こういった強烈なKOシーンが脳裏に焼きついて、

期待値が上がってしまうからかもしれません。

あの時、長谷川穂積がモンティエルに勝っていれば、

そしてドネアがマグダレノに勝っていたら

両者の対戦が実現したかもと思うと残念ですね(´;ω;`)

f:id:gokanno:20170208223846j:plain

Vic Darchinyan vs Nonito Donaire