ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

モンシプールVSソムサック。年間最高試合。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170219013654j:plain

f:id:gokanno:20170219013710j:plain

 

この前、マヤルモンシプールVS仲里繁の死闘を

ブログにあげました。

gokanno.hatenablog.com

そのフランスの闘犬こと(誰も呼んでまんせんが)

マヤルモンシプールがチャンピオンの座から転落した試合です。

いつも激闘のモンシプールらしく、

敗れた試合でも、この年のファイトオブザイヤーを受賞しています。

 

挑戦者はタイのソムサックシンチャチャワン。

タイ国内では評価は高かったかもですが、

世界的には無名だったこともあり、

モンシプールが無難に防衛するのでは?

という予想が圧倒的だったと思います。

1ラウンド開始早々、ソムサックのカウンターで、

モンシプールがダウンします。

裁定はスリップでしたが、波乱の幕開けでした。

 

元々身体が大きくないモンシプールではありますが、

ソムサックが2回りくらい大きく見えます。

このフィジカル面の差がじわじわと終始試合に影響を与えたようにも感じます。

 

f:id:gokanno:20170219013844j:plain

 

モンシプールは誰が相手だろうと前に出てガンガン打ち合う選手なので、

体格差というのがモロに影響されるファイトスタイルだったことも、

この試合の勝負を分けたキーポイントだったと思います。

ソムサックはロープに詰まってピンチに陥る場面もたびたびあったのですが

終わってみたら、あれは作戦だったのかな?とも思えてきます。

好戦的なモンシプールに前に出てこさせて、

モンシプールの打ち終わりをカウンターで狙ったり、

打ち疲れさせたところで勝負をかける。

 

f:id:gokanno:20170219013919j:plain

 

かつて、モハメドアリが圧倒的不利の予想の中、

ジョージフォアマンをKOしたキンサシャの奇跡オマージュと言いますか(笑)

ロープアドープ作戦だったのかと言っても過言ではありません。

おそらく過言ですが。

一見チャンスを多く作っているモンシプールでしたが、

クリーヒットが少なく、逆にソムサックのパンチは

数は少ないものの、的確にモンシプールにダメージを蓄積していった。

そういう印象です。

冒頭にも書きましたが、やはり体格差も影響して

普段ならもっとダメージを与えられたであろうモンシプールのパンチが

ソムサックにそこまで致命的なダメージを与えられなかったのかもしれません。

ともあれ、

敵地フランスでこのような戦術を取ったソムサックは天晴れだと思います。

モンシプール好きだったので私は、残念でしたが(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170219013951j:plain

 

モンシプールは6度目の防衛を失敗して、

返り咲くことなく引退となりました。

モンシプールとしては悔しい敗戦だったと思いますが、

年間最高試合にも選ばれた番狂わせなので、

ぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Somsak Sithchatchawaln vs Mahyar Monshipour