ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ナザロフVSガマチェ。倒され屋のガマチェさん

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170324012841j:plain

 

勇利アルバチャコフと共に協栄ジムに所属し、

世界チャンピオンになったグッシーナザロフ。

(グッシー)は先輩チャンピオンの具志堅用高

ニックネームから取ってたみたいですが、

ナザロフ本人が、

「本名がいい」と強く要望したらしく、

(そりゃそうですよねwww)

世界戦前くらいには、グッシーナザロフから、

本名であるオルズベックナザロフに

変わっていた記憶があります。

勇利も、

最初はユーリ海老原のリングネームでしたが、

本人の強い要望により、

アルバチャコフと本名でリングに上がってました。

出稼ぎボクサーの葛藤と憂鬱を感じさせる、

ちょっと悲しい話です。(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170324012911j:plain

 

そんなナザロフさんは、

南アフリカで当時チャンピオンだったディンガントベラから

タイトルを奪って、このジョーイガマチェ戦が

二度目の防衛戦でした。

アメリカVSロシアの構図で、

ナザロフはブーイングを浴びてます。

ロッキー4のアポロVSドラゴを思い出してしまう

オールドファンもいるかもですが、

 

f:id:gokanno:20170324013115j:plain

 

この日のガマチェのトランクスが

まさにアポロクリード的というか、

キャプテンアメリカ的というか、

 

f:id:gokanno:20170324013055j:plain

 

昔のアメリカの学園ドラマには欠かせないタイプの

ナショナリズムボクサー、ジョーイガマチェと言ったとこでしょうか(笑)

 

f:id:gokanno:20170324013141j:plain

アポロVSドラゴの衝撃のKOシーンにも勝るとも劣らない衝撃のラストです。

 

ガマチェは強い選手で、

世界チャンピオンにもなっているんですが、

このナザロフ戦やトニー”タイガー”ロペス戦、

悪夢のアルツロガッティ戦。

圧倒的な倒されぶりばかりが記憶に残っている、

倒されアーティストでありました。

これだけ華のある鮮やなKO負けをする選手は、

日本では山口圭司選手くらいしか思い出せません(笑)

倒した瞬間、普段クールなナザロフの

貴重なガッツポーズも見れますので

ぜひぜひ見てみてください。

ナザロフがあのジョーイガマチェをKOしたのか!と

多くの日本人ボクシングファンを

喜ばせた忘がたい一戦です。

 

Orzubek Nazarov vs. Joey Gamache

 

ガマチェの倒されっぷりをおかわりしたい方は、

タイガーロペス戦のKOラウンドもどうぞ。↓↓↓

www.youtube.com

Joey Gamache vs Tony "The Tiger" Lopez