読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

カネロアルバレスVSカーン。これが失神KOです

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170510234705p:plain

f:id:gokanno:20170510234723j:plain

 

いよいよGGGことゴロフキンとの対戦が決まった、

サウル”カネロ”アルバレスとアミールカーンのタイトルマッチです。

2階級も体重を上げ、体格面での不利や、打たれモロさもあいまって、

カネロ圧倒的有利との予想の中で行われた試合でした。

結果やインパクトありすぎのKOシーンだけを見ると、

大方の予想通りだったわけですが。

なのですが、実はこの試合カーンは大善戦でした。

というか、むしろ

「このままカーンが勝っちゃうんじゃね?」(*゚∀゚*)

くらいの勢いありました。(笑)

エキサイトマッチの解説人の飯田さん浜田さんも

5Rまでカーン優勢のポイントをつけてましたもんね。

 

f:id:gokanno:20170510234922j:plain

 

ハンドスピードをいかしたワンツー、素早い出入り

終始集中力を切らさずに、カーンはカネロの激しいプレッシャーに

晒されながらも本当に上手く戦っていたと思います。

 

f:id:gokanno:20170510235048j:plain

 

並の選手であれば、序盤に主導権を握られた展開を打開することは

難しく、(特にビッグマッチでは)そのままズルズル行ってしまうことも

しばしばで。カーンは最初から12R戦って判定をものにする戦略のボクシングを

徹底するという中での、

あの右。(笑)

すべてを無に帰すあの右。(笑)

 

f:id:gokanno:20170510235128j:plain

 

カネロ、天晴れと言わざるを得ないでしょう。

ポイントを取られても慌てることなく、じわじわと距離を縮めて、

ボディをヒットさせて、心なしかガードの下がったカーンの

一瞬のスキをついて。倒れた瞬間に誰もが終わったと認識できる

失神KOでした。

 

f:id:gokanno:20170510235156j:plain

f:id:gokanno:20170510235210j:plain

f:id:gokanno:20170510235254j:plain

 

浜田さんもおっしゃってましたが、

カーンは上手く戦っていたけれど、最後まで続けることは難しかったですね。

カネロが相手ではなかったらアウトボックスできていたかもですが(^_^;)

それにしても、9月が待ちきれませんね!( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:gokanno:20170510235230j:plain

Canelo vs. Khan