ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

レパード玉熊VS李烈雨。日本伝統のフライ級に再び

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

f:id:gokanno:20170709122713j:plain

 

「ニッポン伝統のフライ級に再び光が射しました」

のアナウンサーの実況に幼かった自分は鳥肌モノだった、

とても記憶に残っている試合です。

当時、大橋秀行WBCストロー級の世界タイトルを奪取して、

日本人世界挑戦21連敗を止めたばかりくらいのタイミングで、

玉熊が二人目の世界チャンピオンになったことで

日本ボクシング会も活気が戻ってきた。

そんな空気だったと思います。

 

f:id:gokanno:20170709122842j:plain

 

試合は、この時代特有の細かい連打の応酬の接近戦(笑)

今の時代、あまり見なくなりましたよね。

やはりボクシングにも日進月歩、

その時代その時代でトレンドも違いますし、

ちょっとずつちょっとずつ進化していっていることが、

昔の試合をみると改めて実感します。

代表的なところだと、フロイドメイウェザーJrの、

すり足のフットワークを使ったことで、

それまでのピョンピョン跳ねたようなアウトボクシング

最近めっきり見なくなったとか、

まぁ、メイウェザーはやっぱりあのリングインの時の

ロープに頭をくぐらせて、戻してからリングイン

これですね ↓↓

www.youtube.com

この動きは真似してる選手めちゃ多いですよね。

私も何かをくぐるときに日常生活で真似してしまうくらいですから(*゚∀゚*)

トレンド云々というより、典型的なコリアンファイターの

李と、迎え撃つ戦術の玉熊の組み合わせならば、

この試合展開は必然だったように思います^^

それにしても、この時代の試合前の悲愴感というか緊張感は、

今の時代にはあまり感じられなくなりました。

というか、テレビの演出が派手になったから、

というのがかなりの割合で影響しているのでしょうが、

自分はこの時代の控え室のリポートが大好きでしたね^^

昔は良かったね。とかではなく、単純に個人的な好み、趣味趣向の問題です(笑)

やっぱり、あしたのジョーが好きすぎて、

ボクシングに悲愴感を未だに求めているのでしょうか。

ただ、この日のアナウンサーの実況などは、ほんとに秀逸で

ここに関しては、最近の民放の実況よりも明確に優秀であると言わざるをえません。

色々と、懐かしくて試合と関係ないことばかり買い連ねましたが、

 

f:id:gokanno:20170709123012j:plain

 

日本伝統のフライ級の世界タイトルマッチ。

今見ても、かなり感動的な試合ですので、

まだ見たことないよ。という人はぜひぜひ(*´ω`*)

李烈雨 vs レパード玉熊