ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

レナードVSテリーノリス。シュガーレイの落日

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170714000938j:plain

 

 f:id:gokanno:20170714000524j:plain

f:id:gokanno:20170714000546j:plain

 

どんな名選手であっても、必ず敗れる日が来てしまいますが、

シュガーレイレナードも例外ではありませんでした。

当時のチャンピオン、テリーノリスにレナードが挑戦する形でしたが、

戦前の予想ではやや接ってはいたものの、

レナード有利という声が多かったと記憶しています。

 

f:id:gokanno:20170714000624j:plain

 

今でこそ、テリーノリスといえばビッグチャンピオン、

当時のパウンドフォーパウンド最強とまで言われたボクサーですが、

レナード戦の頃はまだ評価が分かれるところも多く、

過小評価されていました。

ノリスがジュリアンジャクソンに挑戦した試合で、

痛烈なノックアウト負けを喫していたことや

打たれ脆さを指摘する声などで、

ブランクが長く、34歳を迎えていたレナードであっても、

ノリスには勝てるんじゃないか。

そんな楽観ムードな空気がありました。

実際、レナードはこれまでに引退してカムバック、

カムバックしては引退、引退してカムバックを繰り返しw

上野のアメ横などで見られる、

「本日最終日!店内のカバンは全て3000円です!今日で閉店します!」

と言っていた店が、

一週間経ってもまだ営業してる。これに通ずる何かを感じます。

 

f:id:gokanno:20170714000800j:plain

 

引退します詐欺の常習犯であるレナードが、

カムバックして戦う相手には、なんらかの勝算があることが多く、

それで今までも勝ってきていた実績も相まって、

私もレナードが勝つだろうと踏んでいました。

それが試合が始まってみると、

あのスーパーエキスプレスと言われたレナードが、

遅い(*゚∀゚*)遅すぎる。

f:id:gokanno:20170714000830j:plain

 

たしかに、ノリスはスピードのある選手ですが、

リングに立っているのはかつてのレナードではありませんでした。

レナードが時折みせるコンビネーションや、

カウンターなど、随所にかつての煌きというか、

残光というのでしょうか。

そういったものも垣間見えたりするのですが、

いかんせん単発で、ノリスにはほとんどヒットしませんでしたね。

 

f:id:gokanno:20170714000903j:plain

 

試合後、レナードは、

「昔の自分と戦っているようだった」とコメントしていましたが、

それほどまでに二人の実力差がはっきりと明確に、

レナードの落日を彩っていました。

レナードはこの日まで、ロベルトデュランとの第一戦以外に

負けは一度もなく、もちろん完敗というのが初めてでした。

ハグラーやハーンズ戦でも、もちろん苦戦などは多かったレナードですが、

いいとこなしというのが、何よりもショックだったですね。

あ、これは私の感想なんですが(笑)

この試合をみると、メイウェザーもカムバックして、

この日のレナードのような試合をするのだろうか、

見たいような見たくないようなですね(*´ω`*)

f:id:gokanno:20170714001058j:plain

 

オールドファンは特に感傷的になってしまう試合ですが、

歴史の節目となるビッグマッチですので、

久しぶりにご覧になっていただいたいです( ´ ▽ ` )ノ

この日を境にテリーノリスはスーパーチャンピオンへと変貌していきましたね。

Terry Norris vs Sugar Ray Leonard