ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ホリフィールドVSダグラス。真実の証明!

www.youtube.com

f:id:gokanno:20170218030558j:plain

f:id:gokanno:20170218030615j:plain

 

あのタイソンを歴史的番狂わせで破ったダグラスが、

「本物男」イベンダーホリフィールドを相手に迎えた初防衛戦。

統一世界ヘビー級タイトルマッチです。

タイソンに勝ったのはマグレだったのでは?と、

チャンピオンになったにもかかわらず、

ジェームス・”バスター”・ダグラスは訝しげに見られていました。

試合前の賭け率も、挑戦者であるホリフィールド有利となっていました。

リフィールドは一つ下の階級のクルーザー級

統一チャンピオンだったこともあり、無敗でランキングも1位。

予想が有利に傾いても不思議ではなかったと言えます。

 

f:id:gokanno:20170218030740j:plain

 

しかし、ホリフィールドがこの当時評価が高かったというよりも、

ダグラスに対する不信感が色濃く出ていた雰囲気でした。

リフィールドが正当に評価されたのは、

リディックボウに敗れた試合からですからね。

負けて株を上げる選手も珍しいですが、

そこらへんも、ホリフィールドの魅力ですかね(笑)

この日のダグラスは調整にも失敗したという噂もあり、

体重もタイソン戦と時よりも10キロくらい重かった記憶があります。

いざ試合が始まると、

やはりホリフィールドのシャープな動きが目立ちます。

 

f:id:gokanno:20170218030905j:plain

 

ダグラスにスピードがなかったとも言えますが、

この日のホリフィールドはやっぱりキレがあったと思います(*´ω`*)

今のヘビー級のチャンピオン達、フューリーやクリチコや、

ワイルダーと比べてもこの日のホリフィールドに勝てるかな?

とか考えながら見るとより楽しめます。

リフィールドファンの私の欲目もありますが、

どのチャンピオン相手でもホリフィールドが

勝っちゃうんじゃないかなーなんて思います(笑)

 

f:id:gokanno:20170218030934j:plain

 

試合を決めた右ストレートは鮮やかにダグラスの顔面を捉えて、

ダグラスは起き上がることができませんでした。

後日、このダウンシーンが問題となって、

ダグラスは立てたのに戦意喪失となり、

あえて立たなかったのでは?という話も聞かれました。

ほんとのとこはわかんないですけどね(^_^;)

 

f:id:gokanno:20170218031001j:plain

 

リフィールド曰く、

「ダグラスは右アッパーを打つ前に右肩が下がる癖がある。」

と試合後に語っていただけのことはあり、

待ってましたとばかりに右を叩き込んでます。

あのマイクタイソンをKOした右アッパーだっただけに、

必ずやダグラスは右のアッパーを打ってくると

リフィールドは完全に読んでいたということですね。

 

f:id:gokanno:20170218031025j:plain

 

リングサイドにはホリフィールドと仲良しのパーネルウィテカーや

レナードにテリーノリスといった懐かしのビッグネーム達も見れます。

ヘビー級の歴史に残る試合ですので、

もし、まだ見たことないよ。という方はぜひぜひ見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

Evander Holyfield vs. Buster Douglas