読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

薬師寺VS辺丁一②。KOで完全決着。

www.youtube.com

リマッチです。

今回の薬師寺さん強かったっすね(*゚▽゚*)

前回、あれだけ大苦戦した辺に完勝です。

改めて見直すと色々な発見があっておもしろかったりします。

もちろんこのブログの記事を書くために集中して見ちゃう、、、

みたいな部分は多分にありますが。(笑)

今回は薬師寺がチャンピオンとしての自信、風格みたいなものが滲み出てます。

薬師寺にとって2度目の防衛戦だったわけですが、

一回目の対戦からそんなに時間が経ったわけでもないのに、

薬師寺さん急成長しすぎです(((゜Д゜;)))辺も面食らったでしょうね。

 

「マジかよ!?ハムニダ!!!」ですよ。

 

前回の試合では薬師寺の直線的な動きが、辺にとっては読みやすかったのか、

中盤以降は辺が主導権を握りっぱなしだったのに対して、

今回は1R、薬師寺が辺からダウンを奪い(事実上ここで決着だったと思います。)

そのまま最後まで主導権を渡しませんでした。

薬師寺はサイドステップや、前回よりスピードが増していた、というよりも、

踏み込みの鋭さ、積極性が前回と比べ物にならなかったです。

辺は前回の薬師寺を想定していたでしょうから、同じ戦法というか、

前回と同じように距離感でごまかすボクシングをしたかったんだと思います。

この距離感の作り方の巧さこそが辺の生命線、

辺が世界チャンピオンになった所以のような部分がありますね(*´∀`*)

思いのほか踏み込んでくる薬師寺に戸惑い、1Rにいいパンチをもらってしまい、

そのダメージを引きずったまま試合を進めなくてならなくなってしまった感じです。

 

f:id:gokanno:20161029014111j:plain

 

薬師寺の3Rの狙いすましたストレートはずっと練習してたパンチっぽいですけどね^^

辺は基本的に待ちのボクシングの選手で、ゆっくり雰囲気を作りながら、

じわじわといやらしいボクシングでいつのまにか自分のペースになっている。

そういう強みをもっていると思います。

しかし、今回は序盤に立て続けにダウンを食ってしまったこともあり、

中盤からはファイタータイプで自分から攻めなければならない状況となり、

5R6Rあたりでは薬師寺にパンチをクリーンヒットして見せ場は作れたものの、

本来の辺の持ち味である、強か(したたか)でずるいボクシングからは

かけ離れていきました。こういう部分に勝負の「あや」があるんでしょうか、、

攻め込まれて、薬師寺はポイントは失ったかもしれないけれど、

主導権、リングジェネラルシップは決して渡すことはなかったように思えます。

もちろん薬師寺も苦しい場面はありましたが文句なしの完勝だったと思います。

これだけいい勝ち方をしたけれど、この次の試合、

あの辰吉丈一郎との伝説の統一戦では、ほぼ全員が辰吉が勝つと思っていました(笑)

やっくんもやってらんないですよね・゜・(ノД`)・゜・

そんな伝説前夜の名勝負でした( ´ ▽ ` )ノ

そして今回も地味すぎる昔の試合の2戦目ということで(*゚∀゚*)

当然画像検索しても、薬師寺さんのキメ顔しか出てこないので、

 

f:id:gokanno:20161029014614j:plain

オリンピックの辺さまをどうぞ。

Byun Jung-il vs Yakushiji Yasuei II (邊丁一 vs 薬師寺保栄)