ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

デラホーヤVSバルガス。これぞ世界の中間距離。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20160928000910j:plain

オスカーデラホーヤとフェルナンドバルガスのスーパーウェルター級

WBC,WBAの王座統一戦です^^いい試合だった記憶はあったのですが、

見直しても、やっぱりいい試合でしたね(笑)名勝負は色褪せません。

バルガスはデラホーヤに対してライバル心があったのか、

生理的に嫌いだったのか(^_^;)試合前から挑発行為がすごかったと記憶してます。

戦前の予想も接っていて、バルガスが勝つと予想しているファンも多かったです。

f:id:gokanno:20160928001029j:plain

試合が始まってみると中間距離でのレベルの高い打ち合い、ほぼクリンチもない状態で

デラホーヤもバルガスも手数が多く、お互いを痛めつける系の試合でした。

ポイントもほとんどイーブンのまま、10Rを迎えます。

f:id:gokanno:20160928001233j:plain

残り10秒での打ち合いの最後にデラホーヤの左フックがバルガスの顔面を捉えます。

この一発が試合を決めました。

この一発がなければ、判定までもつれ込んであるいはバルガスが勝利していたかも、

とも思いますが、ボクシングにはタラレバは禁句なので^^

こういう接戦をきっちり物にしてしまうデラホーヤ

やはり強かったということだと思います。

f:id:gokanno:20160928001110j:plain

試合の後日、デラホーヤはバルガスを食事に誘ってレストランで

待ち合わせをしたみたいですが、レストランに着くなりバルガスは

「オレは負けてない」とデラホーヤに変わらぬ敵対心を剥きだしだったようで

これでデラホーヤもバルガスと仲良くすることを諦めたという逸話がありました。

デラホーヤの人懐っこさも素敵ですが、バルガスの負けても迎合せずに

意地を貫く姿勢も、それはそれでかっこいいなと思います(*´ω`*)

チャンピオン同士の意地とプライドが交錯した名勝負でした( ´ ▽ ` )ノ

Oscar De La Hoya vs. Fernando Vargas