読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

吉野VS佐藤。解説の沼田さんも大興奮の結末(笑)

 

www.dailymotion.com

 

クラシックな日本タイトルマッチです。

日本ウエルター級チャンピオンの吉野弘幸、挑戦者は同級1位佐藤仁徳。

当時絶対王者として君臨して、この試合が11度目の防衛戦の吉野。

対する佐藤はデビューから11連勝、11連続KO勝ちの最強の挑戦者。

吉野はこの試合の一つ前に日本スーパーウエルター級のチャンピオン上山仁と対戦し、

死闘の末、7RTKOで敗れていたこともあり

佐藤が有利なのではという声も多かったと記憶しております^^

ちなみに、吉野VS上山戦は後楽園ホールに観戦に行きました。

その時初めて後楽園ホールに行ったのですが、「吉野コール」の凄さは

今でも耳に残っています。日本では辰吉丈一郎の応援がすごすぎて(笑)

あのアメリカの名レフェリーだったリチャードスティールが、

「世界中で強く人気のあるチャンピオンやボクサーをたくさん見てきたが、

 あれほど若者を熱狂させられるボクサーは辰吉だけだと思う」

と言っていたみたいですが、リチャード、ちょっと待ってくれ。

吉野の応援もかなり熱狂的だったぞ。と、

言いたくなるほど当時の後楽園ホールでの吉野弘幸の人気は凄かったですね。

はい。(*´ω`*)

試合のほうは経験値で勝る吉野のKO勝ちでした。

たしかに世界レベルの試合と比べると技術的な部分では劣っているかもしれませんが、

心が熱くなるような白熱した打ち合い、最後の最後まで結末が見えない緊張感。

吉野VS佐藤、間違いなく名勝負でした( ´ ▽ ` )ノ