ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

トニーVSバークレー。神業、そして顔面崩壊。

www.youtube.com

ジェームストニーはめっちゃ大好きなボクサーでした^^

この試合はまさに全盛時代なので凄みがハンパないです。

あまり動かないけど、動く時はめっちゃ速い。

クロスレンジのアッパーは神業。接近してもパンチをもらわない。

攻守のメリハリがはっきりしてはいるものの、クレバーな策略家でしたね(*´ω`*)

ミドル級時代にマイケルナンからタイトルを奪った試合では、

(ナンがアウトボクシングだったこともありますが、)

まだギクシャクした動きというか、ぎこちないボクサーだったのが、

ミドル級でタイトルを防衛していく過程で一流のボクサーへと変貌していったのも

トニーを好きになった要因かもしれません。

チャンピオンのアイランバークレーはあのトーマスハーンズに2度黒星をつけた

ベテランで、このスーパーミドルのタイトルもハーンズから奪ったタイトルでした。

パンチがあって、野生身あふれるファイトスタイルでまさに野獣。

この日はただのサンドバッグになってしまってますが(^_^;)

バークレーもとても強い選手だったことはここに記すまでもありません。

 

f:id:gokanno:20161113020136j:plain

 

ラウンドが重なるごとにバークレーの顔面は崩壊していきます。

両コーナーの温度差もすごいことになってます(笑)

トニーがそもそも物静かな選手というのもありますがとても静かな青コーナーに対し、

赤コーナーはお祭り騒ぎのインターバルです^^

離れても左の差し合いで勝てない、接近してもインサイドからのパンチで打たれる。

自分のパンチは当たらない。バークレーがどんどん追い詰められていく姿は

刑事コロンボに追い詰められていく犯人さながらです(笑)

この日のトニーのボクシングスキルは観る人全てを

魅了してしまうのではないでしょうか。

ジェームストニーの試合はボクシングが芸術的な面も持ち合わせていることを

改めて思い出させてくれると思います( ´ ▽ ` )ノ

James Toney vs Iran Barkley

f:id:gokanno:20160913191016j:plain