ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

ハメドVSバレラ。悪魔王子、陥落。

www.youtube.com

f:id:gokanno:20160929183405j:plain

ナジームハメドVSマルコアントニオバレラのビッグファイトです。

バレラには申し訳ありませんが、この試合は番狂わせだったと言えます。

当時、バレラも人気実力共に申し分なしの世界のトップファイターでしたが、

無敗のハメドがバレラに勝つと思ってた人が多かったと思います。

また、ハメドはオーソドックススタイルの選手が得意だったことや、

バレラがそこまでスピードのある選手ではなかったことも、

ハメド有利の予想に傾いた原因かもしれません。

ただ、入場時からハメドには不穏な空気が漂ってました。

いつもはリングインする時に、トップロープに両手をかけて、

クルッと一回転してリングに降り立つパフォーマンスも、

この日はやろうとして躊躇して、結局やらない(笑)

こんなハメドは初めてでした。。。問題の入場の動画です。

 

www.youtube.com

試合がはじまってみるといつものハメドという感じでしたが、

1Rにいきなりバレラの左のカウンターを浴びてのけぞります。

この一発で、ハメドはいつものボクシングができなくなった感じでした。

というか、バレラがさせなかった。というのが正しいかもしれません。

それにしても、バレラの戦略、戦術は見事でした(*´ω`*)

 

f:id:gokanno:20160929183452j:plain

 

ハメドとはこうやって戦うんだよ。と、さすが弁護士を志していたバレラ、

超頭脳的なボクシングでハメドを翻弄します。

ポイントでは中盤までほぼイーブンでしたが、リングジェネラルシップ、

主導権は終始バレラが握って、試合をコントロールしていました。

離れて距離でのジャブの突き合いで、ハメドは突き負けてしまったのも痛かったです。

ハメドが中に飛び込むとバレラはカウンター。離れたらジャブ。

カウンターを打ち込めなかったらクリンチ。

ほとんどルーティン作業のように淡々と作業をこなすようなバレラ。

 

f:id:gokanno:20160929183917j:plain

 

途中エキサイトするシーンもありましたが、

ずっと同じ距離を保つことにもすごく神経を使って、

すぐに冷静に頭を切り替えていたように感じます。

ここら辺にもバレラの強さをうかがい知ることができますね。

アウトボクシング、ヒットアンドアウェイ、などありますが、

この日のバレラは徹底した距離の管理という感じでした。

ハメドを研究し尽くして臨んだことが観ている方にも伝わってきます。

ハメドは事実上この試合が最後に引退してしまいましたが、

もっとハメドの試合を見たかったなと、いちファンとして残念です(;_;)

バレラの素晴らしいボクシングが冴える名勝負でした( ´ ▽ ` )ノ

Marco Antonio Barrera vs Prince Naseem Hamed