ボクシング名勝負ブログ

「あーあったね!」かゆいところに手が届く。そんな試合を振り返ります。

張正九VS大橋秀行第2戦。これぞララパルーザ

www.youtube.com

f:id:gokanno:20161206020220j:plain

f:id:gokanno:20161206020234j:plain

 

 

漫画はじめの一歩の中で、千堂VS幕ノ内の日本フェザー級タイトルマッチの

サブタイトルがララパルーザ(地鳴り)でしたが、

張正九VS大橋秀行のタイトルマッチは、まさにララパルーザという感じの

壮絶な打撃戦になりました^^

こういう打ち合いの試合と後楽園ホールの相性が抜群です。

明太子とご飯くらいの相性のよさあります(*゚∀゚*)

張と大橋はこれがリマッチで、1戦目は韓国で張が5RTKOで勝利して、

今回は日本でのリマッチという流れだったみたいですね。

7戦目での挑戦だったり、KOで敗れた相手とのリマッチだったりで、

米倉会長の大橋への期待感をうかがわせるマッチメークですね。

具志堅は100年に一人の天才と言われていたことに対抗して、

大橋のことを150年に一人の天才と公言してましたしね^^

実際にこのあと大橋はミニマム級(当時はストロー級)のタイトルを

WBAWBCと2度に渡って戴冠します。

最初のタイトル奪取はWBCで日本人挑戦者の世界戦連敗を

21でストップした功績も忘れてはいけません。

今ではボクシングジムなのか、相撲部屋の親方なのか

ちょっとわからなくなってしまう時がありますが(笑)

 

f:id:gokanno:20161206020328j:plain

 

この試合、1988年だったみたいですね。今から約20年前ですか。

最近のエキサイトマッチとかで近代ボクシングを見すぎていることもあって、

ボクシングという競技が年数とともに変化していることがわかります。

ロマチェンコの試合のあとに張VS大橋戦とか見ると、マジでヤバいです(笑)

 

f:id:gokanno:20161206020510j:plain

神チェンコ。

 

ロマチェンコは自分が知ってるボクサーの中でも最高傑作では?

という選手ではありますが、

意地と意地がぶつかるようなド突き合いって最近ほんとに少ない感じです。

息が詰まるような神経戦や、ため息が出るようなテクニックもいいんですが、

熱い殴り合いもやっぱりいいですよね(*´ω`*)

 

f:id:gokanno:20161206020712j:plain

 

 

f:id:gokanno:20161206020727j:plain

いつからか、韓国はボクシングジムがなくなって、競技人口が減り、

韓国人世界チャンピオンがいなくなってしまいました。

これも時代の移り変わりなのでどうしようもないことですが、寂しいですね。

今はイギリスがボクシング業界では一番盛り上がってますが、

これも時代とともに変わっていくのでしょうね^^

張正九VS大橋秀行の古き良きボクシングを楽しんでください( ´ ▽ ` )ノ